アレアレ

お役立ち情報、お悩み解決情報を発信!

小田原

小田原城にベビーカーを持って行くべきか悩んでいる人に伝えたいこと

小田原城にベビーカーを持って行くべきか悩んでいる人に伝えたいこと

今回は、小さい子供との小田原城観光にあたり、「ベビーカーを持って行こうかな」と悩んでいる人にお伝えしたいお役立ち情報です。

私は、2016年11月上旬に、2歳児と小田原城を訪れました。で、2歳児でかなり歩けるため、現在は滅多にベビーカーを使うことはないのですが、「念のため」と車に積んで小田原城を訪れました。

小田原城にベビーカーを持ち込まないで正解だった

で、結局のところ、私の場合は、小田原城では、ベビーカーを使わず観光したのですが、それで正解でした。というのも、小田原城の天守閣前の階段が、長めの急なものとなっていたからです。

もしベビーカーを持って来ていたら、その階段をかなり苦労して登ることになったことがわかったんですね。また、その階段の手前にベビーカー置き場のような場所もありません。そのため、ベビーカーを置きっぱなしにするのも、気がひける状況となります。

さらに加えて。天守閣内でもベビーカーは邪魔になります。というのも、天守閣の各階の移動は、階段しかないからです。

ちなみに、私が天守閣を訪れた際には、頑張って天守閣の入り口までベビーカーを持って来ていた人もいました。ですが、結局、その人もベビーカーを、天守閣の入場券をチェックする受付の脇に預けることになっていました。

つまり、天守閣までの長い階段を、ベビーカーを持って頑張って登って来ても、結局、天守閣の館内では使えないんですね。

というわけで、小田原城観光にあたり、ベビーカーを持ち込まないで正解でした。

天守閣を諦めればベビーカーもあり

以上述べた通り、小田原城観光にあたり、ベビーカーがあると邪魔になります。一方で。天守閣を諦めれば、ベビーカーを使うのもありです。

と言うのも、小田原城で、ベビーカーが邪魔になるのは、天守閣だけだからです。そして、天守閣の手前のエリアまでならば、ベビーカーでアクセスしやすい迂回路があるんですね。

なので、ベビーカーを使いたい場合、割り切って天守閣を見ないことにするのも1つの方法です。

そして天守閣を諦めたくない場合は、ベビーカーではなく、抱っこ紐で訪れるのがお勧めです。この場合は、天守閣までの階段、天守閣内での階段の移動ができるからです。

ただ、小田原城の天守閣内の展示内容ですが、かなり充実しています。そのため、じっくり見る場合は、1時間程度では足りない規模となっています。

なので、抱っこ紐でずっと抱っこし、かつ天守閣内の階段を上り下りしていると、それなりに疲れることになるんですね。その点は、あらかじめ知っておいた方が良いです。

Return Top