アレアレ

お役立ち情報、お悩み解決情報を発信!

暮らし

古いガラケーのモバイルSuicaが2016年8月24日の証明書移行で使えなくなり取った対応

古いガラケーのモバイルSuicaが2016年8月24日の証明書移行で使えなくなり取った対応

今回は、2016年8月24日の「SHA-2」方式へのサーバー証明書の移行によって、モバイルSuicaが使えなくなった人にお伝えしたいお役立ち情報です。

私は、docomoのSH-08Bというガラケーで、モバイルSuicaを使っていました。ですが、このサーバー証明書の移行によって、私のガラケーからは、モバイルSuicaが使えなくなってしまったんですね。

で、「モバイルSuicaが使えない!」と気がついたのが、2016年8月24日を過ぎた後でした。そのため、ガラケーのモバイルSuicaアプリの会員向け機能がすべて利用できない状況となりました。

その結果、機種変更の機能が使えず、困ったことになったんですね。これが、2016年8月24日前であれば、ガラケーのモバイルSuicaアプリの機種変更経由で、新しい携帯に情報を移行することできました。

ですが、2016年8月24日を過ぎてしまっていたため、それができず困ったわけです。

モバイルSuicaのパソコンサイトで「モバイルSuica」の利用停止手続きを行う

そこでどのように対応したかをご紹介すると。まず、モバイルSuicaのパソコンサイトで「モバイルSuica」の利用停止手続きを行いました。

これは、モバイルSuicaのコールセンターへ電話をしてもできるのですが、この手続きをすることで、今使っているガラケーのモバイルSuicaの利用を停止し、その後、新しい携帯に古いガラケーの情報を移すことができます。

ただ、この手続きを行うには、510円の再発行手数料を支払う必要があるのでご注意ください。

この利用停止手続きを行ったのち、「SHA-2」方式に対応した新しい携帯のモバイルSuicaで、これまで使っていたモバイルSuicaのIDでログインすると、停止したガラケー内のモバイルSuicaの情報が、新しい携帯のモバイルSuicaに移行されます。

サービスの提供側の都合でモバイルSuicaが使えなくなったのにも関わらず、510円の手数料が取られてしまうのが何とも残念ですが、このようにすることで、使えなくなったガラケーのモバイルSuicaのチャージの残高も、新しい携帯に移行できます。

モバイルSuicaを辞めた理由

で。実は、私は、「モバイルSuica」の利用停止手続きから、移行する先の携帯を妻のAndroidスマホにし、私自身はモバイルSuicaを辞めることにしました。

つまり、ガラケーにチャージしていた残高分を、モバイルSuicaを使っていなかった妻のスマホに移行したのち、私はモバイルSuicaをもう使わないことにしました。

なぜかというと、SH-08Bのガラケーで使えるからこそ、モバイルSuicaを使っていたからです。私は、iPhoneとガラケーの2台持ちをしているのですが、iPhoneではモバイルSuicaを今のところ使えません。

なので、ガラケーでモバイルSuicaを使えることに意味がありました。それができなくなった以上、もうモバイルSuicaを利用する動機がなくなってしまったんですね。

で、今後は、ViewのクレジットカードによるオートチャージとパソリRC-S390の組み合わせで、Suicaを利用することにしました。

Viewのクレジットカードをオートチャージ設定にしておけば、電車の改札で止められることがありません。なので、電車を利用するにあたり、モバイルSuicaでなくても不便はありません。

加えて、パソリのRC-S390があれば、iPhoneからViewのクレジットカードにチャージすることもできるんですね。iPhoneとRC-S390はBluetooth接続なので、余計なケーブルもなく、出先でもチャージが可能です。

また、Suicaの利用履歴も、iPhoneのパソリ向けアプリから見ることができます。

以上が私がモバイルSuicaの利用範囲でしたかったことなのですが、それが、この組み合わせできるんですね。なので、私はモバイルSuicaを辞めることにしました。

ただし、モバイルSuicaでしかできないこともあります。例えば、グリーン券の購入であったり、定期券や新幹線のチケットの購入などです。そのような機能を継続して使いたい人は、「SHA-2」方式に対応した新しい携帯に移行するのがオススメです。

Return Top