アレアレ

お役立ち情報、お悩み解決情報を発信!

写真

デジカメで撮影した写真に位置情報を楽に付加する方法

デジカメで撮影した写真に位置情報を楽に付加する方法

今回は、デジカメでの写真撮影をしている人に伝えたいお役立ち情報です。

デジカメと言っても色々とありますが、ここでは本格的な一眼レフカメラからコンパクトなデジカメ(いわゆるコンデジ)まで、デジカメ全般をイメージしています。

新し目の位置情報付加機能は、バッテリーの持ちが犠牲になる

スマホでの写真撮影と比較した時、デジカメのデメリットは、写真に位置情報を付加できないことがあります。最近では、Wifi機能を持ったデジカメやEyefiカードの利用により、デジカメでもそれができなくはないのですが、そうすると今度はカメラのバッテリーの持ちを犠牲にすることになるんですね。

私は実際、Wifi機能を持ったCanonの高級コンデジや、Eyefiカードを利用していたのですが、バッテリーの持ちが悪くなるため、利用しなくなりました。

Canonの高級コンデジの場合、カメラのWifi機能を利用してスマホと接続し、スマホのGPS情報を付加する形となるんですね。で、その際にスマホ側ではCanon Camera Connectというアプリを立ち上げることになります。

で、このアプリが、スマホのバッテリーを凄く食うんですね。なので。外出時に撮影していると、カメラとスマホ両方のバッテリーを同時たくさん食うことになり、不便を感じることになりました。

一方、Eyefiカードです。こちらは撮影するだけであれば、普通のSDカードと比較しても、「バッテリーをたくさん食う」という感じではありませんでした。ただ、やはり体感的には、減りが早くなった感じがしました。

加えて、Eyefiの場合、その位置情報が正確でないことが多かったんですね。これはGPSを使って位置情報を付加していないから仕方がないことですが、不正確な位置情報を付加されるとそれを修正する方が面倒なんですね。

スマホのGPSロガーアプリを利用し、Lightroomで付加する

というわけで、デジカメで撮影した写真に位置情報を付加する方法として、Wifi搭載カメラもEyefiも利用しなくなりました。

その代わりに今どのような方法を取っているかというと、「スマホのGPSロガーアプリを利用し、Lightroomで付加する」という方法を取っています。

具体的には、iPhoneのmyTracksというGPSロガーアプリで、撮影中の位置情報を記録し、その記録した位置情報を書き出して、Lightroomの「マップ」モジュールで読み込み、そこで写真と関連付ける、という方法を取っています。

この方法では、写真を撮影した時点で位置情報が付加できない不便さがあるのは否めません。ですが、カメラのバッテリーの持ちが良くなる方が、私として優先したいことなんですね。

またLightroomの「マップ」モジュールを利用すると、ロガーアプリで記録した位置情報に対して、写真を関連付けるのはそれほど手間ではないんですね。

この場合、スマホのGPSで記録した位置情報なので、その位置の正確性の面でも問題がないわけです。

myTracksについて

ちなみに、ご紹介したmyTracksというアプリですが、以前Googleが公開していた同名の「My Tracks」とは、別のアプリです。

myTracksですが、バッテリーの持ちが良くなるように、地図データをキャッシュして表示させる工夫がされている点が、ナイスなアプリと言えます。

このアプリでのデータの書き出しにあたり、Googleフォーマットで出力するには、課金が必要です。ですが、無料の機能の範囲でもgpxで出力でき、それをLightroomで読み込めるんですね。

つまり、今回の方法では、アプリに課金せずとも、写真に位置情報を付加できるわけですね。

Return Top