アレアレ

お役立ち情報、お悩み解決情報を発信!

石垣島のノウハウ

石垣島旅行に役立つ6つのマメ知識

石垣島旅行に役立つ6つのマメ知識

今回は、石垣島旅行が初めての人に役立つマメ知識を6つご紹介します。

で、このブログでは、石垣島のカテゴリで、2016年3月初旬に私が石垣島旅行をした時のノウハウを記事としてまとめているのですが、今回ご紹介するのは、それらの記事のように1つの記事にするまでもなかったノウハウです。

空港のカウンターで小さい子供の年齢チェックがある

私は、この時の石垣島旅行では、ほぼ2歳児連れで行ったんですね。で、この年齢であれば、航空券の手配が不要なんですね。

ただ、空港のカウンターでチェックインする際に、本当に小さい年齢の子供かどうかのチェックがありました。チェックと言っても見た目で判断するだけでしたが。

ですが、そのチェックのために、チェックイン時には子供と一緒である必要がありました。

石垣島までの初フライトの感想

これが私にとって初めての石垣島へのフライト体験でした。で、まず、面白かったのが、スタッフの八重山方言での挨拶でした。

私はJALの子会社のJTAの直行便を利用したのですが、そのスタッフは、外観から石垣島、もしくは八重山諸島出身の人っぽい感じだったんですね。なので、この方言での挨拶には、なるほど、という感じでした。

ちなみに、以前、私は、別の年の3月に香港まで飛行機で行ったことがあり、その時はとても揺れたんですね。なので、同じ3月の似たような航路を取るこの石垣島へのフライトの揺れが心配でした。

ですが、私が乗った便は特に揺れませんでした。その点で良かったです。

石垣島キッズのコロッケは持ち帰り可能

石垣島の市街地の商店街の中に、石垣島キッズという店内がちょっと小洒落た雰囲気の飲食店があります。

この店では、店内で定食や沖縄そばなど食べられるのですが、特にコロッケをウリにしているお店でした。

で、そのコロッケですが、持ち帰りでも買うことが可能でした。

anaのホテルのプールは本気で泳ぐのには向かない

私は、この旅行の宿泊先として、anaのホテルを利用しました。

で、このホテルには、屋内プールと屋外プールの2つがあるのですが、そのどちらも、真剣に水泳をするのには向いていませんでした。直線に泳げる距離が短いからです。

ほか、屋内プールですが、ほぼ2歳児の子供と遊ぶ場所としては、ぴったりでした。ほどほどの広さで、ジャグジーは子供でも足がつく深さのところがあり、無料の浮き輪レンタルがあったからです。

石垣島市街地の蔵元駐車場の入り口がわかりにくい

石垣島の市街地に最寄りの有料駐車場として、「蔵元駐車場」という駐車場があります。

で、初めてこの駐車場に行こうとした時ですが、その入り口がわからず戸惑うことになりました。というのも、この駐車場ですが、結構広く、1ブロックの端から端まで敷地となっているんですね。

で、その入り口は、広い道路に面した方ではなく、裏側の細い道路側にあるんですね。私は最初、広い道路側から入れると思い込んでいたので、その入り口がみつからず焦ることになりました。

石垣島の住人から聞いたベストシーズン

私は、この3月の石垣島旅行で、石垣島の住人の方に「石垣島に来るのにオススメの時期はありますか?」と聞いてみたんですね。

すると、「ゴールデンウィークの手前がオススメです」という話でした。

その理由ですが、「気候が暑すぎず、寒すぎず、天気が良く、ゴールデンウィーク前で旅行代もかからないから」とのことでした。

また、この時期を逃すと、梅雨に入りますし、夏は本当に暑くて大変、ということも、この時期がオススメな理由とのことでした。

Return Top