アレアレ

お役立ち情報、お悩み解決情報を発信!

石垣島の観光

石垣島の白保海岸観光を考えている人に伝えたいこと

石垣島の白保海岸観光を考えている人に伝えたいこと

今回は、石垣島旅行を計画している人のうち、白保海岸が初めての人にお伝えしたいお役立ち情報です。

私は、2016年3月の初旬に石垣島旅行をし、白保海岸も訪れました。で、この旅行を計画する段階ですが、「石垣島が大好き!」というリピーターに、アドバイスをもらったんですね。

その時に、「絶対にオススメ!」と言われていたのが、白保海岸だったんですね。「ここのアオサンゴは本当に凄いから、シュノーケリングすると本当に楽しい」という、アドバイスをもらったわけです。

3月はちょっと寂しい感じ

なので、石垣島旅行の旅程を計画するにあたり、白保海岸は寄ることにしたんですね。ただ、もともと今回の旅行は、3月に訪れることもあり、水着で海に入ることは諦めていたんですね。

なので、白保海岸でも「シュノーケリングはせず、ビーチから見える景色だけを楽しもう」という想定で訪れることにしました。

その結果ですが・・・、本音を言うと、ちょっと残念な感じになりました。というのも、この日は、ちょっと曇っていたこともあるのですが、なんというか寂しい感じのビーチを眺めることになったからです。

この記事のトップの写真がその時の写真なのですが、このような感じで殺伐とした雰囲気となっていました。訪れる前は、エメラルドグリーンの海に、サンゴが美しく見える様子を期待していました。のですが、そうとはなりませんでした。

なので、「ベストシーズンの天気の良い日に訪れられたらよかったな」と感じる結果になりました。

竹富島に行かなくても伝統的な集落が見られる

このように、私が訪れた日は、白保海岸のビーチに関しては残念な結果となりました。ですが、良い発見もありました。

それは、白保海岸の手前が、沖縄の伝統的な作りの家の集落となっていたことです。私は、このような集落は、「竹富島など離島に行かないと見られない」と考えていました。

ですが、それが石垣島でも見られることを知り、発見となりました。なので、離島に行かず、石垣島のみの観光を考えていた場合は、この白保海岸の手前の集落は、訪れる価値があります。

駐車場探しに戸惑った

私は、白保海岸までは、レンタカーで訪れたのですが、駐車場を探すのに戸惑うことになりました。

というのも、白保海岸には公共の駐車場がないからです。

またネットで事前に調べた限りは、「どこでも路駐できる」のような情報があったのですが、実際に訪れた印象では、どこでも駐められるような感じではありませんでした。特に、海岸よりは、道が狭く路駐したら迷惑がかかる感じでした。

結局ですが、WWFが運営している、サンゴ礁保護研究センター「しらほサンゴ村」の駐車場を利用することになりました。実際、この施設も見学したかったので、好都合でした。

ただ、ここの駐車場は、駐められる台数が限られるので、満車となる可能性が高いです。なので、繁忙期は気をつけた方が良いですね。

また、私が石垣島を訪れていた2016年3月ですが、ネット上では、「しらほサンゴ村の奥に駐車できるスペースがたくさんある」、との情報だったのですが、その情報は古いものとなっていました。

というのも、その駐車できるスペースですが、現在売り地に出されていて、私有地になっていたからです。このスペースに路駐しても問題はなさそうではありましたが、注意される可能性もありそうでした。

なので、白保海岸を車で訪れる人は、その駐車場所について、最新情報を得た方が良いです。

Return Top