アレアレ

お役立ち情報、お悩み解決情報を発信!

石垣島の観光

川平湾を初めて訪れる人が知っておくべきこと

川平湾を初めて訪れる人が知っておくべきこと

今回は、石垣島旅行で、初めて川平湾を訪れる人にお伝えしたいお役立ち情報です。

私は、2016年3月初旬に、ANAのホテルをスタート地点に、レンタカーで川平湾を訪れました。その時、「先に知っておけばよかったな」と思うことがあったんですね。

ビーチサンダルとタオルを持参すればよかった

この3月の石垣島旅行ですが、私は、海に入るのを最初から諦めていたんですね。「気温は暖かい日はあっても海水はまだ冷たくて海は難しい」という話を、2月に石垣島を訪れた人から聞いていたからです。

なので、「海に行くことはないだろう」とビーチサンダルを用意せずに、石垣島を訪れたんですね。

その結果、川平湾を訪れた時に、「ビーチサンダルとタオルを持ってくればよかったな」と後悔することになりました。

というのも、川平湾は、展望台からの絶景を楽しめるほか、展望台の下に降りると、砂浜のビーチになっているんですね。そのビーチの波際が比較的浅く、パチャパチャと遊ぶことができるわけです。

つまり、水着で海に入らなくても、そのようにして海水に触れる楽しみ方ができたんですね。

そのためビーチサンダルがあると、そのようにして遊びやすかったわけです。そしてタオルは、遊んだ後にその水分を拭くために必要となるのがわかりました。

新しく整備された有料駐車場の存在

次に、川平湾の展望台付近には、駐車場があるのですが、私が訪れた2016年3月には、新しく整備された有料駐車場が出来ていました。

で、次のGoogleマップを見ると、2014年4月時点の、整備されていない駐車場の様子が見られます。

Googleストリートビューで整備されていない頃の川平湾の駐車場を見る

私は、事前にこのストリートビューのイメージで、川平湾の駐車場をイメージしていたのですが、現在は、パーキングチケットを取るゲートもでき、綺麗に整備された駐車場となっています。

一方で。この整備された駐車場の手前に「海の駅 KABIR 石垣島特産品販売」というショップがあり、このショップの前も駐車場になっているんですね。

で、私が訪れた際には、このショップの駐車場にばかり車が駐まっていて、整備された駐車場はガラガラの状況でした。

そのような状況となっていた理由ですが、おそらく私が訪れた日が、ちょうどこのショップがお休みだったことが考えられます。なので、このショップの駐車場が、無料で停め放題の状況となっているようだったんですね。

私はそのような事情を知らなかったので、整備された駐車場に駐めることになりました。その駐車料金を正確には覚えていませんが、それほど高くはありませんでした。

ので、無理にショップ前の駐車場を狙わず、素直に整備された駐車場を駐めても問題なかったです。

ゆっくり走る原付の追い越しがOKか

この時ですが、川平湾までは、ANAのホテルをスタート地点に、石垣島を時計回り方向で回るように向かいました。

その時なのですが、県道79号を走っている途中で、自分の前を原付がゆっくり走ることがあって、それを追い越して良いのかどうか戸惑いました。

というのも、県道79号ですが、追い越し禁止の黄色線でセンターラインが引かれているんですね。実際に道幅もそれほど広くないため、黄色線なのは、納得できます。

ですが、ゆっくり走る原付を追い越すために、その黄色線のセンターラインをはみ出して良いかに悩むことになりました。ちなみに、その原付を運転しているのは、地元の人と思われるおじいさんで、なんとものんびり気持ちよさそうに走っているんですね。

で、結局ですが、「追い越して良いんだっけ?」と迷っているうちに、その原付が別の道に逸れていったので、解決しました。

Return Top