アレアレ

お役立ち情報、お悩み解決情報を発信!

石垣島のレンタカー

「石垣島の周遊ドライブは反時計回りがオススメ」の真相

「石垣島の周遊ドライブは反時計回りがオススメ」の真相

今回は、初めての石垣島旅行で、レンタカーを借りる予定の人にお伝えしたいお役立ち情報です。

で、私が石垣島をドライブする前に知ったノウハウとして、「石垣島の周遊ドライブは反時計回りがオススメ」というものが、あったんですね。

で、石垣島を実際にドライブしてみて、その真相がわかりましたよ、というのが今回お伝えしたいことです。

石垣島の周遊ドライブは反時計回りがオススメな理由

この、「石垣島の周遊ドライブは反時計回りがオススメ」というノウハウですが、オススメな理由は、次のことからでした。

  • 石垣島の周遊ドライブにはだいたい6時間くらいかかる
  • 反時計で回ると、西の端の御神崎近辺に最後の方に行ける
  • そのため、沈む夕日をきれいに見ることができる

つまり、スタート時間にもよりますが、「反時計回りで石垣島を一周すると、きれいに夕日を見られる時間に西側に到着できるから」、というのが反時計回りがオススメな理由なんですね。

で、私は、実際には、石垣島を1日で1周せず、時計回りと、反時計回りの2回に分けて、2日間でドライブしたのですが、その経験からでも、「反時計周りがオススメ」という理由が実感できました。

というのも、石垣島ですが、意外と広いんですね。私が反時計回りでドライブした時は、ANAのホテルを10:30にスタートとして、玉取崎、平久保崎という順番で回ったのですが、途中のランチを食べた時間も含めて、平久保崎に着いたのが13:30でした。

つまり3時間程度かかりました。実際に試す前は、「もうちょっと早く行けるかな?」と考えていたのですが、思った以上に時間がかかりました。

で、石垣島の最北端となる平久保崎を訪れた後、そのままホテルに帰りました。ですが、仮に1周するように川平湾を見つつ御神崎方向に回っていたら、全体で6時間以上かかっていたはずです。つまり、夕日が見られる時間に御神崎にいたはずです。

反時計回りがオススメな別の理由

また、半分とはいえ、石垣島を反時計回りにドライブしてみて、反時計回りがオススメな別の理由にも気が付きました。

その理由ですが、玉取崎→平久保崎→川平湾の順に、景色が良かったからです。つまり、反時計回りに見ると、段々景色が凄くなっていく順に、石垣島の観光スポットを巡れるわけです。

これが、時計回りに巡ってしまうと、景色の凄さがグレードダウンしていくように、その景色を見ることになるんですね。

もっとも、「景色の凄さ」の感じ方は、個人差がありますので、これは、あくまで私の主観で感じた話です。人によっては、「平久保崎が一番良かった」という人もいるでしょう。

時計回りのメリット

一方で、時計回りで巡る場合にも、メリットがあることもわかりました。

上で軽く触れた通り、私は、ANAのホテルをスタート地点に、時計回りで川平湾までのドライブと、反時計回りでの平久保崎までドライブと2回に分けてドライブしたんですね。

で、時計回りでの川平湾までのドライブですが、途中、ミルミル本舗の本店に寄れる点がメリットと言えます。この店のテラス席から絶景ですが、夕日を見ても綺麗でしょうけど、日中に見る景色も本当に良かったです。また、タイミングが合えば、ここでランチ休憩もできます。

また、時計回りで川平湾まで行くと、道路の海側の車線を走ることができます。なので、県道79号が海沿いに面している場所では、より海を間近に見てその景色を楽しみながら、ドライブすることができます。

で、県道79号ですが、ところどころ、景色が綺麗な場所があるんですね。その時に、車をちょっと止めて、その景色が楽しみやすいのが、時計回りで走った場合となります。

石垣島を時計回りでドライブする場合は、このようなメリットがあります。

Return Top