アレアレ

お役立ち情報、お悩み解決情報を発信!

東京

千鳥ヶ淵の桜の花見を散り際に見る2つのメリット

千鳥ヶ淵の桜の花見を散り際に見る2つのメリット

今回は、東京の千鳥ヶ淵で、花見を考えている人にお伝えしたいお役立ち情報です。

千鳥ヶ淵ですが、都内有数の桜の名所ということもあり、見頃の時期は、物凄い人で溢れかえりますよね。そのため、桜はきれいですが、その人の多さにちょっと疲れてしまう点は否めません。

そこでオススメしたいのが、花見のピークを過ぎた散り際に、千鳥ヶ淵を訪れることです。

人が少ない

で、この散り際に千鳥ヶ淵を訪れると、どのようなメリットがあるといいますと、大きく2つあります。

1つ目のメリットですが、散り際の時期の千鳥ヶ淵は、見頃を過ぎているので人が少ないんですね。

そのため、人で溢れかえるピークの時期と違い、ゆっくりと花見を楽しむことができます。千鳥ヶ淵のピークの時期は、人混みに酔うほどの人出なので、ゆっくり見られるメリットは大きいです。

散り際だから見られる綺麗な風景

以上を読んで、「でも、見頃を過ぎてるんじゃ・・・」と、残念に思う方もいるかも知れませんね。

ですが、この散り際に訪れるからこそ、逆に綺麗に見られる風景があるんですね。その綺麗な風景ですが、具体的には、桜吹雪の様子です。この桜吹雪の様子が、本当に綺麗なんですね。

この桜吹雪ですが、この桜吹雪を見るためだけに、千鳥ヶ淵を訪れる価値があるくらい綺麗です。

結果として。桜が散り際の千鳥ヶ淵を訪れると、人が少なくゆっくり見られる状況下で、桜吹雪による綺麗な花見を楽しむことができるわけです。

Return Top