アレアレ

お役立ち情報、お悩み解決情報を発信!

石垣島の航空券

ほぼ2歳児との石垣島への直行便にJALのクラスJ並び2シートを利用してみた結果

ほぼ2歳児との石垣島への直行便にJALのクラスJ並び2シートを利用してみた結果

今回は、シートが要らない小さい子連れでの石垣島旅行を検討している人へのお役立ち情報です。

私は、ほぼ2歳児と夫婦の親子3人で石垣島に旅行をしたのですが、その際には、羽田空港からの石垣空港までの直行便を利用したんですね。

で、その座席としては、大人二人分だけのシートを利用しました。JALの場合、国内線は3歳未満まで無料なので、子供分のシートを用意しなかったんですね。

クラスJにして正解だった

その代わりに、大人が利用する席のクラスとして、クラスJのシートを利用することにしました。子供を抱っこして座る分、席に広さが必要と考えたからです。

実際に乗ってみた感想ですがクラスJにして正解でした。というのも、クラスJでも、子供を抱っこして乗るには、ちょっと狭さを感じることになったからです。これが普通のクラスのシートだと、もっと窮屈だったはずです。

で、私が乗った飛行機のクラスJには、進行方向に向かって左側に2列、右側に3列のシートがあったんですね。で、それらのうち、左側2列のシートを並びで取ることにしました。

こうすると、子供が動き回っても、周りに迷惑をかけにくいと考えたからです。実際に乗ってみた結果、その通りとなりました。ほぼ2歳児なのでおとなしくしていることはなく、親の上をウロウロと動き回ったんですね。

この時、3列シートを選んでいて、隣に知らない人が座っていたら、かなり迷惑をかけることになっていました。

クラスJの2列シートの最後尾でよかった理由

ちなみに、この旅行の時は、たまたまクラスJの2列シートの最後尾となりました。狙ってこのシートを選んだのではなく、たまたま2列並びで取れたのが、最後尾だったのです。結果、最後尾の席でよかったです。

というのも、クラスJの最後尾とその後ろの普通席との間に、ちょっと間があったからです。なので、子供が遊んで、親が座っているシートに「ドーン」とぶつかるようなことがあっても、後ろの人に迷惑をかけることがなかったんですね。

ただ、今回のような子供を抱っこする前提で、もっと快適に座れるのは、クラスJの2列シートの最前列の座席ですね。この場合、子供が飽きたら、足元に下ろして遊ばせることができるからです。

いずれせよ、石垣島への直行便で、子供を抱っこする前提で利用する場合は、クラスJを利用するのがオススメです。特に石垣島まで行きのフライト時間は、本当に長いので、普通のシートだと疲れることになります。

Return Top