アレアレ

お役立ち情報、お悩み解決情報を発信!

石垣島の航空券

羽田-石垣間の直行便で、行きを朝一・帰りを最終の便にした理由

羽田-石垣間の直行便で、行きを朝一・帰りを最終の便にした理由

今回は、石垣島への航空券を探している人へのお役立ち情報として、私が羽田-石垣間の直行便で、行きを朝一・帰りを最終の便にした理由をご紹介します。

で、この理由ですが、非常にシンプルでして、「可能な限り石垣島に滞在できる時間を長くしたい」と考えたからです。

なので、行きは、羽田を朝一に出発する便とし、帰りは石垣島を最後に出る便を選びました。

行きに朝一の便を選んだ別の理由

また、行きに朝一の便を選んだことには、別の理由もありました。その理由ですが、「初日に竹富島の観光をしたい」と考えていたことです。

竹富島であれば、石垣島からフェリーで10分ちょっとの距離なので、朝一の便で石垣島に行けば十分観光できると考えていたんですね。

ただ、私は実際には、初日ではなく、二日目に竹富島に行くことにしました。

というのも。初日でも時間的には、竹富島観光ができる余裕がありました。ですが、行きの4時間のフライトで疲れてしまって、さらにフェリーで移動する気になれなかったんですね。

結果として初日に竹富島には行きませんでしたが、朝一の便で石垣島に訪れてよかったです。石垣島の市街地の観光をする時間として有効に使えたからです。

帰りの最終日に時間を持て余すのでは?という不安は問題なかった

一方で、帰りの最終日ですが、私は、「最終の飛行機まで時間を持て余すのでは?それまでの居場所がないのでは?」と、旅行前は心配していたんですね。

というのも、ホテルをチェックアウト時間が午前11時だったので、帰りの便の時間までちょっと時間があったからです。

ですが、その不安は、実際には問題ありませんでした。これは、ANAのホテルに宿泊したおかげなのですが、このホテルは、チェックアウト後も、プールや大浴場などの設備を利用できるんですね。

なので、最終日にホテルをチェックアウトした後も、ANAのホテルが帰りの便前まで快適に待っていられる居場所となったわけです。

この経験から、「ANAのホテルに泊まることにしてよかったな」と本当に実感することになりました。

Return Top