アレアレ

お役立ち情報、お悩み解決情報を発信!

暮らし

ベテラン美容師から教わった整髪料をつけずに髪を立たせる方法

ベテラン美容師から教わった整髪料をつけずに髪を立たせる方法

今回は、普段、短めの髪型にする男性に伝えたいお役立ち情報です。で、短めの髪型の方は、ジェルやワックスなど整髪料をつけている人も多いですよね。

中には、髪質が柔らかすぎてフニャッとなるため、「整髪料をつけないと様にならない!」という方もいるんじゃないでしょうか。

一方で。毎日、整髪料でセットするのも面倒に感じていませんか?今回は、そのような面倒くさがりに伝えたい、整髪料をつけずにできる髪を立たせる方法です。

髪は熱してから冷める過程で固定される

今回お伝えしする方法ですが、私が訪れている美容院のベテラン美容師から教えてもらいました。

で、その美容師に、「髪型は短めが好きなんですけど、そうすると髪質が柔らかいので、毎日整髪料をつけることになって面倒なんですよ」と、相談したことがあったんですね。

すると、その美容師が、「こうすると整髪料をつけなくても、ある程度は髪を立たせられますよ」とアドバイスをしてくれたわけです。

その方法ですが、ドライヤーを使います。で、髪をある程濡らした後、立てせたい部分を手で握りしめるんですね。その握りしめた状態のまま、ドライヤーの熱風を当て髪を乾かします。

握りしめ続けるのがポイント

で、その後がポイントなんですが、熱風を当てて髪が乾いた後も、髪を握ったままにしてしばらく待つんですね。

なぜそうするかというと、その美容師曰く、「髪は熱してから冷える過程で固まるから」とのことでした。

つまり、ドライヤーで熱した握った部分の髪の熱が冷めるまで、その髪を握りっぱなしにします。で、握りしめた髪の熱が、冷めた頃に、その握った手を離すんですね。

するとどうでしょう。整髪料をつけなくても、髪が立ったままキープされるんですね。

私は、髪が細く柔らかいため、これまでは整髪料なしでは髪を立たせることができない、と思い込んでいたんですね。ですが、この方法を教わり、実際にドライヤーだけで髪を立たせられることがわかりました。

おかげで、整髪料をつけずとも、それなりに様になるようなセットが出来るようになりました。なので、本当に助かっています。

Return Top