アレアレ

お役立ち情報、お悩み解決情報を発信!

歯医者

7万円かかってもセラミックで虫歯を治すことにした理由

7万円かかってもセラミックで虫歯を治すことにした理由

今回は、虫歯の治療をどうしようか悩んでいる人へのお役立ち情報として、私が7万円かかってもセラミックで虫歯を治すことにした理由をご紹介します。

先日、固めのベーグルを食べている時に、奥歯にガリっと違和感を感じたんですね。で、確かめてみると、昔治療した奥歯の金属のかぶせ物が取れてしまっていました。で、歯医者に診てもらったところ、「金属の下が虫歯になってしまい、取れてしまいました」ということだったんですね。

で、その後の治療の方針として、保険の範囲で済むパラジウム合金で治すか、自費でもっと良いかぶせ物を使って治すかを選択することになりました。

自費で良いかぶせ物を使う場合は、金、ハイブリッドセラミック、セラミックなどの選択肢があったのですが、私はセラミックを選択することにしました。

パラジウム合金は虫歯を繰り返しやすいから

その理由ですが。まずパラジウム合金で虫歯を治療した場合、その後虫歯を繰り返しやすいからです。今回、金属が取れた原因も、金属の隙間から食べかすが入り、その下が虫歯になってしまったことにありました。

パラジウム合金は、どうしても治療後に自分の歯と金属の間に隙間ができやすいんですね。そのため、パラジウム合金での治療では、直しても直しても虫歯が再発しやすくなります。

その結果、虫歯になった歯を削って治すを繰り返すことになり、最終的には自分の歯がなくなります。そうなった時、入れ歯が嫌な場合は、インプラントで治療することになります。この場合、その治療費はトータルで見ると、セラミックで治すよりも、保険の効くパラジウム合金で治療を繰り返す方が高くなるわけです。

この負の循環を断ち切るために、パラジウム合金での治療を避けたかったんですね。

自然の歯に一番近い素材だから

そして、パラジウム合金以外での治療の仕方として、幾つか選択肢があったのですが、私はセラミックを選ぶことにしました。その理由ですが、セラミックが一番自然の歯に近い素材だからです。

実際治療した奥歯を見てみると、外観からもセラミックは、自分の元々の歯のように溶け込んでいます。またセラミックは、パラジウム合金のように隙間ができにくいため、今後の虫歯になりにくいメリットもあるんですね。なので、セラミックを選ぶことにしました。

で、それ以外に選択できる素材として、金とハイブリッドセラミックがあったわけですが、なぜそれらを選ばなかったのかというと。まず、金は口の中で色が目立つ上に、セラミックよりも治療費が若干高いので選択しないことにしました。

ハイブリッドセラミックは、セラミックよりも劣化しやすい割に、セラミックと比較してそれほどお得感もないので、選択しないことにしました。

どこで直しても7万円はかかる

今回、自費治療でのセラミックを選んだのですが、やはりその治療費については気になっていました。私が行っている歯医者では、その費用が7万円だったのですが、「これ、本当に妥当な治療費なの?」と気になったわけですね。

で、様々な歯医者のセラミック治療の費用を確認してみると、大体どこの歯医者でもこれくらいの治療費がかかるんですね。なので、「まるで歯科医師会のような組織が、治療費の料金が下がらないように標準を決めているようだな」と、思いました。

この7万円が妥当なのかは、私には判断できません。が、少なくとも自分が行っている歯医者がぼったくっているわけではないことは、わかりました。なので、その意味では、納得してセラミックの治療を受けることができました。

最後に、セラミックで治した後の経過ですが、今の所は満足しています。パラジウム合金を詰めた歯よりも歯磨きがしやすいですし、自分の歯のように白い点も気持ちが良いです。なので、今後、パラジウム合金を詰めている他の奥歯も、セラミックに詰め替えたいと考えているほどです。

Return Top