アレアレ

お役立ち情報、お悩み解決情報を発信!

石垣島の基本

ほぼ2歳児との旅行に石垣島を選んだ理由

ほぼ2歳児との旅行に石垣島を選んだ理由

今回は、2歳児との旅行先を探している人へのお役立ち情報として、ほぼ2歳児との旅行に石垣島を選んだ理由をご紹介します。

以前、「3月にほぼ2歳児と行った4泊5日の石垣島旅行の概要」の記事でご紹介したのですが、私は、ほぼ2歳児との旅行先として、石垣島を選びました。

それ以外の候補としては、ハワイ、台湾、沖縄本島などを検討していたのですが、結局は石垣島となりました。で、「なぜ石垣島を選んだか」というのが今回お伝えしたいことです。

最大の理由は旅費の安さ

まず、今回石垣島を旅行先に選んだ最大の理由は、その旅費の安さにありました。4泊5日の旅程で、大人2名、子供1名の人数でかかった旅費ですが、飛行機代、ホテル代、レンタカー代を合わせて約12万6千円くらいだったんですね。

これは、ハワイや台湾を選んでいた場合、航空券代だけで、この総額を越える旅費となりました。なので、必要な旅費の少なさの割に、遠くに来た感を味わえる旅行先として、石垣島に魅力を感じました。

一方、沖縄本島も3月の時期であれば、それほどその旅費は高くありません。ですが、これまで沖縄本島には、夫婦で何度か訪れた経験があったんですね。なので、今回は石垣島に行くことにしました。

石垣島はリゾートホテルと市街地の距離が近い

本島を選ばなかった別の理由として、小さい子供と一緒でも過ごしやすい宿泊先として、リゾートホテルにしたかったことがあります。最初は、民宿に泊まることも考えたのですが、子供が小さく周りに迷惑をかけそうと考え直したんですね。

なので、リゾートホテルを選ぶことにしました。その宿泊先として、ANAのホテルを選んだのですが、このホテルは、石垣島の市街まで車で10分の好アクセスの立地なんですね。

これが沖縄本島のリゾートホテルとなると、そうも行きません。本島のリゾートホテルは、那覇の市街地まで車で1時間はかかる距離にあるんですね。

石垣島のanaのホテルは、リゾートホテルで寛げることと、同時に市街地の便利さを享受できる点で、小さい子供との旅行先として便利そうと考えたわけです。で、これは実際に訪れた結果、その通りになりました。

このホテルでは、面倒であればリゾートホテルで過ごせば良いし、ホテル以外で外食したければ、市街地に車で移動して食事をすることができました。

ハイシーズンは6倍、1泊12万円の宿泊費

ちなみに、この時は3月のオフシーズンに石垣島を訪れたので、宿泊費用がかなり安く抑えられました。例えば、anaのホテルは、私が訪れた3月初旬は、1泊2万円くらいだったんですね。

これが、夏休み、それもお盆の時期となると1泊12万円以上に跳ね上がります。もし、この額であれば、私は、石垣島を訪れてはいませんでした。

で、オフシーズンのanaのホテルの館内の設備が、「空いているだろう」と思ったことも、石垣島を選んだ理由です。3月なので、海に入ることはもともと諦めていたんですね。

なので、ホテルのプールで子供と遊ぶことを重視していました。オフシーズンであれば、そのプールが空いているだろうと考えたわけです。これも予想通りとなって、時間によっては、家族でホテルのプールを独占できました。

以上が、私がほぼ2歳児との旅行先に石垣島を選んだ理由です。

最後にまとめると。石垣島を選んだ理由として、3月のオフシーズンはその旅費が安く済ませられるわりに、遠くに来た感があるのがまず1点ですね。

また、小さい子連れで過ごしやすいリゾートホテルと市街地の便利さを同時に享受できるメリットがありました。加えて、この時期は、空いているので小さい子連れでホテルの設備を使いやすいと考えたことがありました。

で、実際に3月に子連れで石垣島を訪れてみて、全部考えた理由の通りになりました。なので、とても満足した旅行となりました。

Return Top