アレアレ

お役立ち情報、お悩み解決情報を発信!

東北

4歳児・0歳児(5ヶ月)と秋保温泉のホテルニュー水戸屋に宿泊した感想

4歳児・0歳児(5ヶ月)と秋保温泉のホテルニュー水戸屋に宿泊した感想

今回は、東京近郊にお住いの方のうち、小さい子連れでの旅行先を検討している人にお伝えしたい情報です。

私は、2018年8月中旬に、4歳児と0歳児(5ヶ月)、妻の4人で東北旅行をしました。この旅行では、初日を秋保温泉の秋保リゾートホテル クレセントに宿泊し、その後、岩手の遠野市、花巻市などに滞在した後、再度、秋保温泉に一泊しました。

東京から岩手に向かう途中で、秋保温泉に一泊し、また岩手から東京に向かう帰りでも、秋保温泉に一泊したということですね。その帰りの秋保温泉では、ホテルニュー水戸屋に宿泊しました。

なぜ行きの時に泊まったクレセントにしなかったかというと、他のホテルとの泊比べをしてみたかったからです。

宿泊の基本情報

まず、今回、秋保温泉のホテルニュー水戸屋に宿泊した際の基本情報からご紹介します。次の通りです。

  • 宿泊した時期: 2018年8月中旬
  • 宿泊者の構成: 大人2、子供1、赤ちゃん1
  • 宿泊数: 1泊
  • チェックインした時間: 14:30頃
  • 宿泊金額: 宿泊金額35,640円(税込:消費税¥2,640・サービス料込)
  • 部屋: 1室、10.00畳+踏込み
  • 食事: 1泊2食
  • アクセス方法: 車

この旅行ではその交通手段として、車を利用しています。岩手側から東北自動車道で南下し、このホテルに到着したのが、14:30頃となりました。

部屋が広い、眺望はそれほど良くない

ホテルのフロントでチェックインの手続きを終え、その部屋までホテルのスタッフにご案内いただきまず感じたのが、このホテルの規模の大きさです。

ちょうどこの旅行の最初に、規模の小さな秋保リゾートホテル クレセントに宿泊していたので、なおさらそう感じました。

そして、私たちの部屋に入ったところ、広さを感じました。10畳の広さがあったからです。

また赤ちゃん連れだったので、和室にしてよかったです。和室だと、赤ちゃんの置き場に困らないですし、布団で寝られると落下の危険がないからです。

ホテルニュー水戸屋、10.00畳+踏込みの和室の様子
ホテルニュー水戸屋、10.00畳+踏込みの和室の様子

部屋は6Fで、その窓からの眺望に期待しましたが、それほど良いとは感じませんでした。次の写真の通り、主に建物が視界に入る景色だったからです。

ホテルニュー水戸屋6Fの部屋からの眺望
ホテルニュー水戸屋6Fの部屋からの眺望

4歳児と宿泊するのには楽しい設備

では、ホテルニュー水戸屋に宿泊した感想をご紹介すると。まず、4歳児と宿泊するのには楽しい設備があるホテルだと感じました。

大規模な入浴施設があり、お風呂巡りを子供と一緒に楽しめました。また、ホテルの敷地内にプール施設もあり、こちらも4歳児と遊ぶのによかったです。

加えて私が訪れた8月は、ホテルの車寄せのところでの花火や、1Fの廊下のところでおもちゃをもらえるイベントなどが開催され、それも4歳児が、楽しんでいました。

というわけで、4歳児と楽しく過ごす目的では、このホテルはとても向いていると感じました。

赤ちゃんと泊まるには規模が大きすぎる印象

一方で、5ヶ月の赤ちゃんと泊まるには、規模が大きすぎるとも感じました。

小さい赤ちゃん連れだと、ホテル館内の移動でさえ、面倒に感じてしまうからです。ので、お風呂に行ったり、プールに行ったり、食事に行ったり、その館内の行動の全て、規模の大きさからちょっと手間に感じました。

ホテルニュー水戸屋の夕食会場
ホテルニュー水戸屋の夕食会場、規模が大きく、赤ちゃん連れにはその会場までの移動もそこでの食事も、少々手間に感じた

というわけで、赤ちゃん連れで泊まるなら、秋保リゾートホテル クレセントの程よい規模感の方が向いていると感じました。

一方で、上で述べたとおり4歳児連れには、とても楽しめるホテルでしたので、その参加者次第で使い分けるのが良いですね。

Return Top