アレアレ

お役立ち情報、お悩み解決情報を発信!

東北

花巻の愛隣館、月かんむり7Fの部屋からの景観

花巻の愛隣館、月かんむり7Fの部屋からの景観

今回は、岩手県花巻市にある、新鉛温泉 結びの宿 愛隣館への初宿泊にあたり、その部屋タイプを選んでいる人に情報です。この宿は部屋タイプがたくさんあるので、いざ選ぼうとすると悩みますよね。

私は、2018年8月中旬に、この施設に宿泊しました。その際には、月かんむりの7Fの角部屋に宿泊しました。愛隣館の部屋タイプ選びのご参考に、その部屋の窓から、見た景観をご紹介します。

「花かんむり」と「月かんむり」の2棟構成

愛隣館に初めて宿泊する人にまずお伝えしたいのが、この施設は、「花かんむり」と「月かんむり」の2つの棟で構成されていることです。次の写真では、それがわかりやすいように赤い矢印で示しました。

愛隣館の建物
愛隣館は「花かんむり」と「月かんむり」の2棟構成、月かんむり7Fに泊まった

また、私が宿泊した月かんむりの7Fの角部屋も、この写真でその場所を青い矢印で示しました。

月かんむり7F角部屋からの眺め

その月かんむり7F角部屋の窓から、愛隣館の庭の様子を見下ろすように撮った写真が次のものです。

花巻、愛隣館月かんむり7Fの窓からの眺め
花巻、愛隣館月かんむり7Fの窓からの眺め

ご覧いただくとわかるように、愛隣館の庭、その先に広がる山と青空が見渡せ、とても良い景色となりました。というわけで、月かんむり7Fからの景観は素晴らしく、この部屋に泊まってよかったと感じました。

Return Top