アレアレ

お役立ち情報、お悩み解決情報を発信!

石垣島の基本

3月にほぼ2歳児と行った4泊5日の石垣島旅行の概要

3月にほぼ2歳児と行った4泊5日の石垣島旅行の概要

今回は、これらから石垣島旅行を検討している人へのお役立ち情報として、2016年3月初旬にほぼ2歳児の子連れで訪れた石垣島旅行の概要をご紹介します。

これまで私は沖縄本島には何度か訪れたことがあったのですが、石垣島を訪れるのは初めての経験だったんですね。なので、色々と戸惑うこともありました。

そして、そのような戸惑ったポイントも含めて、この初石垣島旅行で学んだ経験をこのブログの記事にし、これから同じように初めて石垣島を訪れる人に役立てたいと考えています。

そこで今回は、私の初めての石垣島旅行の概要をご紹介し、その全体像をご紹介するのが狙いです。

2016年3月の石垣島旅行の概要

では、さっそく本題に入りまして、私の初めての石垣島旅行の概要をご紹介します。そのポイントをまとめると次の通りです。

  • 日程: 4泊5日
  • 訪れた時期: 2016年3月初旬
  • 参加者: 私、妻、子供(ほぼ2歳児)の3名
  • 航空券: JTA(JALの子会社)の羽田から石垣島までの直行便
  • 訪れた島: 石垣島、竹富島
  • 泊まったホテル: 石垣島ホテル ククル、ANAインターコンチネンタル石垣リゾート
  • レンタカー: タイムズで滞在中5日間借りっぱなし

ざっと、このような感じです。今回の旅行ですが、子供が2歳になる前に「飛行機で行けるところに旅行に行きたい」と言う考えが旅行を企画した大きな理由となっています。というのも、1歳児までは、航空券代の費用がかからずに済むからです。

子供の航空券代が発生しないうちに、どこか飛行機で旅行に行きたかったわけですね。

その行先の候補として、沖縄本島、ハワイなどを検討したのですが、結局、石垣島に行くことにしました。沖縄本島やハワイは、夫婦で訪れたことがあったからです。

今回、この石垣島旅行を終えての感想ですが、行ってよかったです。そして、また行きたいと感じています。というのも、この時期にしては天気に恵まれ、非常に楽しい時間を過ごすことができたからです。

実際の4泊5の石垣島旅行のスケジュール

では、もう少し踏み込んだ情報として、実際に4泊5日の石垣島旅行をどのようなスケジュールで過ごしたかをご紹介します。ほぼ2歳児の小さい子連れなので、そのお昼寝時間を確保しつつの旅程となっています。

大人だけであれば、「丸一日車で出かける」のような過ごし方もできたのですが、無理はしないように過ごすことになりました。

日程 内容
1日目 04:30 起床(6:40発のフライトに乗るため)
05:30 羽田空港着、準備していた朝食を食べる
06:40 石垣島に向けて出発
10:30 石垣島空港到着、レンタカーの受け取り
11:00 石垣島市街に移動、パンドウミーでランチ用のパンを買う
11:10 浜崎町緑地公園にてパンを食べる
12:00 離島ターミナルに車を停めて、石垣市街地散策(ユーグレナモールなど)
13:30 宮良殿内まで徒歩で移動し見学後、再度石垣市街地散策
14:30 石垣島ホテル ククルにチェックイン、しばらく昼寝
17:30 夕食のために徒歩であさひ食堂に移動
18:00 あさひ食堂で野菜チャンプルーと焼きそば定食を食べる
19:00 ホテルに戻り、風呂、その後就寝
2日目 06:00 起床
06:30 石垣島ホテル ククルの朝食を食べ、ひと休憩
09:00 離島ターミナルに移動し、竹富島までのチケットを買う
09:30 竹富島に向かうフェリーに乗る
09:45 竹富島に到着
10:00 新田観光の牛車の30分コースに参加する
10:45 レンタサイクルを借りて竹富島散策(西桟橋、コンドイビーチ、星砂浜)
12:00 そば処 竹の子で八重山そばを食べる
13:00 竹富島集落中心部の散策
15:00 フェリーで石垣島に戻る
15:20 ANAインターコンチネンタル石垣リゾートにチェックインし、昼寝
16:30 ホテルのプールで水着で遊ぶ
18:00 車で市街地に移動し、ユーグレナモール内にある石垣島キッズでコロッケ丼とタコライスを食べる
19:30 ホテルに戻り、就寝
3日目 06:00 起床
06:30 ANAインターコンチネンタル石垣リゾートの朝食を食べ、敷地内を散歩
09:00 ホテルのプールで水着で遊ぶ
11:30 ミルミル本舗 本店を目指しドライブ開始
12:00 ミルミル本舗 本店到着、ランチにハンバーガーとタコライスを食べ、アイスも食べる
13:00 ランチ後、川平湾に移動、川平湾の展望台やビーチを散策する
14:30 ホテルに戻り昼寝
18:00 再び、あさひ食堂で夕食、八重山そばと肉団子定食を食べる
19:30 ホテルに戻る途中マックスバリューで2リットルの水を購入、ホテル到着後就寝
4日目 06:00 起床
06:30 ANAインターコンチネンタル石垣リゾートの朝食を食べ、ホテルの敷地とマエサトビーチを散歩
10:30 玉取崎展望台を目指してホテルを出発
11:10 玉取崎展望台到着、散策する
11:45 明石食堂に向かって出発
12:10 明石食堂に到着するも満席ですぐに入れず待つことに
12:30 明石食堂の店内に入り、ランチに八重山そばを食べる
13:00 ランチ後、平久保崎を目指して出発
13:30 平久保崎に到着、散策をする
14:10 平久保崎の散策を終え、ホテルに向かって出発
15:20 ホテル着、昼寝
16:30 ホテルのプールで水着で遊ぶ
18:00 海鮮居酒屋・寿司の一龍で夕食、刺身や寿司の盛り合わせ、握り寿司を食べる
19:00 ホテルに戻る途中マックスバリューでバラマキ土産を購入、ホテル到着後就寝
5日目 06:00 起床
06:30 ANAインターコンチネンタル石垣リゾートの朝食を食べ、ホテルの敷地を散歩
09:00 ホテルのプールで水着で遊ぶ
11:00 ホテルをチェックアウトする
11:15 白保海岸を散策する
12:00 白保食堂でランチ、ハンバーグ定食とフーチャンプルー定食を食べる
13:15 ランチ後、バンナ公園に移動、エメラルドの海を見る展望台に上る
14:00 バンナ公園の子供広場に移動し、巨大滑り台などで遊ぶ
15:00 ANAのホテルに戻り風呂に入る(チェックアウト後も風呂やプールは利用出来る)
16:00 飛行機の出発前までホテルのロビーで寛ぐ
18:20 石垣空港のレンタカー会社の営業所に行き車を返す
19:20 羽田空港に向けて出発
22:00 羽田空港到着

以上が、4泊5日のスケジュールです。実際に私が体験した時間の通りに書いていますので、このスケジュールと同じように行動しても無理はないはずです。

こうしてスケジュールをまとめ直すだけでも楽しかった思い出がよみがえり、また石垣島に行きたくなりますね。

主だった旅費の内訳

最後に、ご参考として、今回の旅行でかかった主だった旅費の内訳をご紹介します。

  • 【宿泊費】石垣島ホテル ククル(1泊) 12,500円
  • 【宿泊費】ANAインターコンチネンタル石垣リゾート(3泊) 61,600円
  • 【交通費】JTAの航空券(大人2名、クラス J、羽田-石垣島直行便、往復) 33,580円
  • 【交通費】レンタカー(5日間、チャイルドシート付、車種はマツダアクセラ) 18,280円

で、今回、宿泊費、航空券、レンタカー代の全てにおいて、事前に想定しているよりもかなり安く済みました。

宿代が安い理由は、3月なので石垣島のオンシーズンではないことが考えられます。航空券代は、「おともdeマイル割引」という割引サービスを使い、割引運賃となっています。なのでクラスJのシートにしても、それほど費用が高くならず助かりました。

レンタカーは、JALのホームページから提携して予約できるお得なプランを選びました。結果、タイムズを選ぶことになりました。ただ、チャイルドシートをつけたため、1000円追加費用が発生することになりました。

以上の費用は、総額で、12万5,960円となりました。家族3人で沖縄に4泊する費用としてはまずまずお得に済ませられたと感じています。

Return Top