アレアレ

お役立ち情報、お悩み解決情報を発信!

東北

4歳児・0歳児(5ヶ月)と東京から仙台まで東北自動車道で移動した感想

4歳児・0歳児(5ヶ月)と東京から仙台まで東北自動車道で移動した感想

今回は、東京近郊にお住いの人のうち、小さい子連れでの旅行先を検討している人に伝えたい情報です。

私は、2018年8月中旬に4歳児・0歳児(5ヶ月)と妻の4人で東京から東北旅行をしました。この旅行の初日は、仙台の秋保温泉に宿泊したのですが、そこまでの交通手段として、車を利用し、東北自動車道で移動しました。その感想をご紹介します。

東京から仙台までの移動のスケジュール

まず、東京から仙台まで車で移動したときのスケジュールをご紹介します。ざっくり箇条書きにすると次の通りです。

以上のスケジュールについて簡単に補足します。

まず東京の自宅を午前9時に出発としました。「休憩込みで5時間かかるとして、ホテルのチェックイン時間15時よりちょっと早めに着けるといいな」と言うのがこの時間を出発時間に選んだ理由です。実際には、ちょっと遅れてしまい、15時過ぎにホテルに到着となりました。

遅れてしまった理由として、この移動の間に、羽生PA下りと安達太良SA下りで、計2回休憩を取ったことがありました。当初私は、「2時間運転したところで休憩1回取れば良いだろう」と言う考えていたのですが、その想定通りにはなりませんでした。

東北自動車道に乗った後、上の子供が「お腹が痛くて、どうしてもトイレに行きたい」と言い出したからです。結果、当初寄る予定ではなかった羽生PA下りでトイレ休憩をすることになりました。

羽生PA下りの設備が新しく清潔、スタバもある

このような経緯で、羽生PA下りに寄ることになったのですが、訪れてみて驚きました。その施設の設備が新しく清潔感があったからです。トイレも同様に清潔感があり、気持ち良く利用できる環境となっていました。

羽生PA下りの外観
羽生PA下りの外観、設備が新しくスタバもある

また、そのテナントとして、スタバなども入っていました。私は、実際にはそのスタバは利用しませんでしたが、休憩するのに快適な環境と感じました。

私はこれまで羽生PA上りは、利用したことがありました。その際には、上りの方にある「鬼平江戸処」などを訪れて、「こんな規模の大きなPAがあるのだな」と驚きました。それと比べると、下りの方は、そこまで規模が大きくありません。

ただ、その設備の新しさに関しては上りと同様快適で、とてもナイスなPAだと感じました。

安達太良SA下りでウルトラマンティガ

羽生PA下りで一休憩した後、仙台方面を目指して北上しました。そして、次に休憩することにしたのが、安達太良SA下りです。

なぜこのSAで休憩することにしたかと言うと、ちょうどお昼時だったからです。おおよそ12:40にこのSAに到着しました。そして、このSAに駐車場に車で入るなり、上の子が「ティガだっ!」と興奮した様子で叫びました。

安達太良SA下りのウルトラマン・ティガ
安達太良SA下りのウルトラマン・ティガ

このSAの駐車場には、結構大き目のウルトラマン・ティガの像が置いてあるんですね。上の子は、ちょうどウルトラマンにハマっており、このティガの像を見て興奮した様子でした。またこのSA内のお土産コーナーには、ちょっとしたウルトラマングッズが売っていました。そこにウルトラマンの折り紙があり、「それを買っておけばよかった」と上の子は、後悔していました。

ティガ像の前で記念写真を撮影後、このSA内にあるフードコートで昼食を食べることにしました。私が選んだのは、あだたら亭のラーメンとミニカレーのセットです。この記事のトップの写真がその料理で、価格は940円でした。

ボリュームはたっぷりな感じで、SAで食べる料理としては、私は納得して食べました。妻は山菜うどんを食べ、上の子はあだたらラーメンの単品を食べていましたが、同じく、可もなく不可もなくと言う感想だったようです。

ちなみに、このSAには、フードコート以外に「食事処あだたら亭」と言うレストランもあります。私たち家族は、最初はそこで食べようと考えていたのですが、断念しました。ちょうどお昼時のためか、レストランの入り口前に行列ができていたからです。と言うわけで、フードコートの方で、「あだたら亭」と書いてある丼でラーメンを食べることになりました。

0歳児(5ヶ月)の初旅行として楽に移動できた

今回、この旅行の移動手段として、車を選んだ大きな理由は、0歳児(5ヶ月)の初めての旅行だったからです。

オムツの替え、バウンサー、抱っこ紐など赤ちゃん用品を持って移動するのに、車の方が楽だと言う考えから車での移動を選びました。また、車内で泣いたりしても周りに気を使わずに済むと言う点も、車を選んだ理由でした。

実際に、0歳児(5ヶ月)を連れて、この区間を車で移動した感想ですが、想定どおり楽に移動できました。例えば、これを新幹線などで移動していたら、荷物、上の子供、赤ちゃんを運ぶことになり、本当に大変でした。それが車のおかげで、楽できました。

また、5時間の移動中、赤ちゃんがほとんど眠って過ごしてくれたことも大きかったです。と言うわけで、4歳児・0歳児(5ヶ月)と東京から仙台までの移動手段として、車で移動してよかったです。

Return Top