アレアレ

お役立ち情報、お悩み解決情報を発信!

実践編

「入力」を受け付けるプログラムの便利さが実感できる具体例

このサイトの プログラミング教育 のコーナーでは、これからプログラミングを学び始める子供を持つ親御さんに向けて、プログラミングについてわかりやすく解説しています。全くプログラミング経験のない方は、基礎編の記事から、基礎編を読んだ方は実践編の記事をご覧ください。

「入力」を受け付けるプログラムの便利さが実感できる具体例

前回の、プログラムを作る時に意識してほしい「入力」と「出力」の話では、「プログラムを作るときの基本として、入力と出力を意識するとよい」と言うことをご紹介しました。

今回は、その良さを実感できる具体例をJavaScriptで作ったプログラムをもとにご紹介します。

テスト結果の平均点を計算するプログラム

まず、あなたが塾の先生で、自分の受け持ちのクラスAの生徒5人のテスト結果の平均点を計算する必要がある、とイメージしてください。

具体的には、次のようなテスト結果の平均点を計算する必要があるとします。

生徒1の得点: 74点
生徒2の得点: 55点
生徒3の得点: 88点
生徒4の得点: 97点
生徒5の得点: 43点

そして、以前、プログラム作成時に処理を関数にまとめる便利さがわかる具体例の記事では、その目的のプログラムとして、次のものを作りました。

上のプログラムでは、クラスBの先生からの要望を受けて、クラスBの平均点も計算するようになっています。

このようにプログラム上のコードに設定したテスト結果の点からその平均点を計算できるプログラムを、あなたが作成していたとします。

他人に自分の作ったプログラムを使ってもらうことを考える

さて、以上で作成した「平均点を求めるプログラム」を、他人に使ってもらうことを考えてください。

この時、その他人が、プログラムのコードを読める人であれば、大きな問題はありません。コードが読める人が、このプログラムを使って新たに平均点を求めたい場合、「点数を定義した配列のデータを書き換えればできる」と言うことがすぐにわかるからです。

具体的には、次の箇所を修正すればよいと言うことが、コードを読める人にはすぐにわかります。

console.log("クラスAの平均点: " + average([74,55,88,97,43]));

一方、大多数となる「プログラム?コード?何それ」と言う人に対しては、現在のプログラムのままでは、使ってもらうことができません。コードが読めない人は、プログラムの修正の仕方がわからないからです。

「入力」を受け付けるプログラムにし誰でも簡単に使えるようにする

この問題は、「入力」を受け付けるプログラムにすることで解決できます。具体的には、平均点の計算元となる、テスト結果のデータを入力として受け付けるようにプログラムを修正します。

次のコードが、実際にそのように入力を受け付けるように変更したプログラムです。

この変更したプログラムの実行結果は、次のようになります。

入力データ: 74,55,88,97,43
平均点: 71.4

一方、プログラムのソースコードを見ても、5人のテスト結果となる、「74,55,88,97,43」のデータが定義されていませんよね。つまり、このプログラムでは、テスト結果のデータを、プログラムのコードの中で定義するのではなく、外から入力データとして与えているわけです。

具体的には、paiza.ioの入力タブのところで、そのデータを定義しています。次の画像の通りです。

paiza.ioの入力タブ
paiza.ioの入力タブで入力データを設定できる

このようにしたことで、何が嬉しいのかと言うと。プログラムのソースコードを変更しなくても、様々な平均点を計算できるようになったことです。

具体的には、入力タブのところに定義されたカンマ区切りの数値を変更すれば、そのデータをもとに平均点が計算できるようになりました。このようにしたことで、「プログラムのコードが全く読めません」と言う人でも、このプログラムを利用できるようになりますよね。

以上のように入力を受け付けるプログラムにすることで、プログラムがより汎用的に使いやすいものにできます。

Return Top