アレアレ

お役立ち情報、お悩み解決情報を発信!

実践編

「なぜプログラミング言語が必要なのか」がよくわかるたとえ話

このサイトの プログラミング教育 のコーナーでは、これからプログラミングを学び始める子供を持つ親御さんに向けて、プログラミングについてわかりやすく解説しています。全くプログラミング経験のない方は、基礎編の記事から、基礎編を読んだ方は実践編の記事をご覧ください。

「なぜプログラミング言語が必要なのか」がよくわかるたとえ話

これまでこのサイトでは、「これからプログラミングを学び始める子供を持つ親御さんへのプログラミング教育」というコンセプトのもと、その基礎となる記事を書いてきました。

子供にプログラミングを教えたい親御さんへのプログラミング教育基礎編まとめ

今回からは、基礎からもう一段階ステップアップした内容をご紹介していきます。そのテーマとして、今回は、プログラミングに必要不可欠なプログラミング言語について、なぜそれが必要なのかが良くわかるたとえ話をご紹介します。

プログラミングとは、お使いを頼むときのメモのようなもの

以前、「プログラミングとは何か、なぜプログラミングするのか?」がよくわかるたとえ話の記事では、友人に自宅近くにある洋菓子店までお使いに行ってもらうことを例にし、「プログラミングとは、お使いを頼むときのメモのようなもの」ということをご紹介しました。

その記事の中でご紹介したメモの具体的な内容は次の通りです。

近所の洋菓子店までの行き方・買ってほしいもの
1. うちの玄関を出たら目の前の道路を左方向に進む
2. しばらく歩くと丁字路の交差点があるが、そのまま道なりに進む
3. すると左手にドラッグストア、右手に花屋がある交差点に出るのでそこを右折する
4. 右折して300メートルくらい歩くと洋菓子店がある
5. 私と子供の分は、チーズケーキを1つずつ買ってほしい
6. あなたの分は好きなものを選んでほしい
7. もし洋菓子店が休みだった場合、右折した交差点の近くに戻る
8. その近くにドーナツ屋さんがあるのでそこで買ってほしい

友人にこのメモとお金を渡せば、自分の代わりに、ケーキかドーナツを買ってきて貰えるというわけです。

このように、なんらかの理由で自分ができない仕事を、誰かに代わりにやってもらう時の指示を作る行為が、プログラミングと似ているということが、このたとえ話で言わんとするところです。

英語しかわからない人にお願いする場合

さて、このお使いの場合、日本語で書いたメモを渡せば、友人がそれを読んでお使いを済ませることができました。というのも、友人は、日本語で書かれたメモの内容を理解できるからです。

一方、ここでこのお使いをお願いする相手が、日本語が全くできず、英語しかわからない人の場合をイメージしてください。その人に、このメモを渡しても、お使いを済ますことはできませんよね。日本語が読めないからです。

では、どうすれば良いかというと、相手が理解できるように、英語でお使いのメモを書く必要があります。英語で書けば、その内容を理解して貰い、お使いの用事を済まして貰えるからです。

コンピューターにお願いする場合

プログラミング言語が必要な理由は、これと同じことです。

プログラミングとは、自分の代わりにコンピューターにやってもらいたい仕事の指示を作ることです。そのため、その指示は、コンピューターが理解できる言葉、つまりプログラミング言語で作る必要があるわけですね。

理想を言うと、「明日の会議で使う資料、いい感じに作っておいてよ!」のようにコンピューターに仕事を頼めると楽チンなのですが、今の所、コンピューターは、そこまで融通が聞きません。

なので、自分がして欲しい作業を、コンピューターが理解できるプログラミング言語に置き換えて表現し、それで指示を作る必要があるわけです。

次に読む記事: 最初に学ぶべきプログラミング言語の選び方

Return Top