アレアレ

お役立ち情報、お悩み解決情報を発信!

沖縄本島

沖縄旅行で初レンタカーの人に伝えたい那覇空港近くの営業所の不便さ

沖縄旅行で初レンタカーの人に伝えたい那覇空港近くの営業所の不便さ

今回は、沖縄旅行で初めてレンタカーを借りる人に伝えたい情報です。

私は、これまで何度か沖縄旅行でレンタカーを借りたことがあるのですが、直近でした2017年11月の沖縄旅行でも、「やっぱりこうなるか」と思ったことがあります。

それは、沖縄旅行の最終日に、レンタカーを返却するときのことなのですが、「レンタカー会社によっては、返却した営業所からシャトルバスで空港に移動する必要がある」という点について、「こうなるか」と改めて感じました。

具体的には、2017年11月の旅行では、日産レンタカー那覇空港第一店に車を返却したのですが、この営業所から那覇空港まではシャトルバスで移動する必要がありました。

その移動時間自体は、5、6分程度と、それほど長くはありませんでした。ただ、私が利用したときは、営業所にシャトルバスが到着してから、空港に向けて出発するまで20分程度待たされることになりました。おそらく、ある程度そのシャトルバスに乗るお客さんが揃うまでは出発しない方針となっているようでした。

ですので、長く待つことになる場合、営業所に車を返却してから、那覇空港に到着するまでは、30分程度は時間が必要になりました。

私がこれまでに利用した別のレンタカー会社でも、このように「空港に乗り捨てはできず、そこからシャトルバスで移動する必要があります」という業者は、結構ありました。ですので、初めて沖縄旅行でレンタカーを借りる人は、空港近くの営業所と言っても、このようにシャトルバスで移動することになる営業所がある事実を知っておくと役立ちます。

そして、旅程の組み方次第ですが、この際、空港近くの営業所に返却しないのも1つの選択肢です。

例えば、おもろまちのDFSに営業所がある場合、そこに返却する方が、嬉しいこともあります。というのも、この場合、ゆいレールで那覇空港までは20分程度で移動できるからです。ですので、おもろまちのDFSに返却すると、空港に向かうまでの時間をDFSでお土産を物色することで有効に使えるメリットがあります。

一方、空港近くの営業所に返す場合。長く待つことになると、何もすることがない状況で、20分も待たされる可能性があるわけですね。「なら、DFSでお土産を見た方が良い」と考えるのも、1つの選択肢です。

Return Top