アレアレ

お役立ち情報、お悩み解決情報を発信!

沖縄本島

ホテル日航アリビラの最寄りスーパー丸大読谷波平店を訪れた感想

ホテル日航アリビラの最寄りスーパー丸大読谷波平店を訪れた感想

今回は、沖縄旅行でホテル日航アリビラに宿泊するのが初めての人に伝えたい情報です。

私は、2017年11月末にした沖縄旅行で、アリビラに3泊しました。そのチェックイン日の夜に、このホテルから車で5分くらいの距離にある丸大読谷波平店を訪れました。

Googleマップでホテル日航アリビラから丸大読谷波平店までのルートを見る

この店を訪れることにしたのは、アリビラに滞在中の飲み物や食べ物を「お得に買えるのでは?」と期待したからです。例えば、アリビラのホテル内にある自販機では、350mlが210円、500mlが260円の価格設定でした。地元のスーパーに行けば、これよりはお得に買えるだろうと考えました。

また別の理由として、「お土産になるお菓子もお得に買えるのでは?」と言う期待もありました。これは石垣島旅行をした際に、地元のイオンを訪れたときに学んだのですが、地元向けスーパーでは、お土産になるお菓子がお得な価格で売られていることがあるんですね。

このような期待を持ちつつ、丸大読谷波平店を訪れたのですが、飲み物の値段に関しては、期待通りとなりました。東京のスーパーで買うのと変わらない価格設定で、飲み物を買えたからです。

一方で、「お得にお土産を買えるのでは?」と言う期待は、残念ながら期待通りになりませんでした。沖縄ならではのお土産向きのお菓子コーナーが全くないわけではないのですが、売り場のスペースが少なく、選択肢が限られました。結局、私は、その中からお土産を買うことはありませんでした。

丸大読谷波平店の沖縄土産コーナー
丸大読谷波平店の沖縄土産コーナー、選択肢はそれほど多くない

丸大読谷波平店は、訪れて見ると、その品揃えが、想像以上に、地元向けの普通のスーパーでした。極端には、「ここは東京のスーパーだ」と言われても遜色ない感じで、全国からの野菜や生鮮食品を扱っていました。つまり、観光客が期待するような商品はあまり置いていないと言うわけですね。

なので、お土産目的ではなく、沖縄旅行中の普段使いのものを買う目的で行くのに向いている店だと感じました。

Return Top