アレアレ

お役立ち情報、お悩み解決情報を発信!

沖縄本島

ホテル日航アリビラ、プレミアツイン最上階に泊まる2つのメリット

ホテル日航アリビラ、プレミアツイン最上階に泊まる2つのメリット

今回は、沖縄旅行の宿泊先として、ホテル日航アリビラを検討するのが初めての人に伝えたい情報です。宿泊先をホテル日航アリビラに決めたとして、次に悩むのが、「どの部屋タイプにするか?」という点ですよね。

そのご参考に、私が、2017年11月末の沖縄旅行でアリビラのプレミアツインの最上階に泊まったときの経験をご紹介します。

プレミアツインでも最上階となるとは限らない

まず、アリビラのプレミアツインと言っても、複数の部屋があります。アリビラの公式サイトから引用すると次の図の通りです。

プレミアツインの位置
ホテル日航アリビラの公式サイトで確認できるプレミアツインの部屋の位置、赤いところがその位置となる

私が泊まったのは、サウスウィングの最上階でした。上の図を見ると、サウスウィングにおいては、最上階とその下の階も、プレミアツインとなっています。ので、最上階に泊まれるかどうかは、その時の部屋の空き具合次第となりますね。

つまり、プレミアツインの部屋タイプを選んだとしても、必ず最上階に泊まれるわけではないのですが、私は、運良く最上階の部屋になりました。そして、最上階の部屋に実際に泊まった結果、2つのメリットを感じました。

メリット1、上階の音に悩まされない

1つ目のメリットは、「上階の音に悩まされない」という点です。具体的には、上の人の足音だったり、シャワーの音だったり、そのような音です。

私は、この沖縄旅行では、初日は沖縄都ホテルに宿泊し、二日目からアリビラに泊まりました。そして、初日の都ホテルで想定外に悩まされたのが、上階の音が、かなり大きく聞こえてくることでした。

おそらく上階は、小さい子連れの宿泊客で、その子供が走り回ったり、ベッドから「ドーン」と飛び降りたりする音が、聞こえてきました。

このような経験をした後、アリビラの最上階の部屋に泊まれたので、「最上階は、いいな」と感じました。

メリット2、ベランダから空が見えて気持ち良い

最上階の2つ目のメリットは、ベランダから空が見えて気持ち良い点です。アリビラには、窓からナイスな景色を望めるベランダが付いています。ご参考に、次の記事でその景観についてご紹介しています。

ホテル日航アリビラ、プレミアツイン最上階のベランダからの眺めの感想

そのベランダにおいて、最上階は、頭上に空が広がっている様子が見えて、気持ちよかったです。これが最上階ではない場合は、上階のベランダの底のところが、視界に広がることになるはずでした。

このベランダの気持ち良さを考えると、同じプレミアツインでも、最上階となるか、その1階下になるかは、重要な違いと感じました。

Return Top