アレアレ

お役立ち情報、お悩み解決情報を発信!

沖縄本島

3歳児と11月末に4泊5日で訪れた沖縄旅行にかかったお金

3歳児と11月末に4泊5日で訪れた沖縄旅行にかかったお金

今回は、3歳児との旅行先を検討している人に伝えたい情報です。以前、3歳児と11月末に4泊5日で訪れた沖縄旅行の概要の記事でお伝えした通り、私は2017年11月末に3歳児を連れて、私と妻を合わせて計3人の沖縄旅行をしました。

今回は、その旅行に必要になったお金についてご紹介します。

飛行機代

まず飛行代からです。今回は、JALを利用し、行きはJAL903便、帰りはJAL914便でした。座席はJクラスを利用しました。その具体的な料金は、次の通りです。

  • 行き: 28,430円(3席分の合計、おともdeマイル割引を利用)
  • 帰り: 28,430円(3席分の合計、おともdeマイル割引を利用)
  • 合計: 56,860円

今回、JALのおともdeマイル割引を利用してチケットを手配しました。そのお陰で、往復で一人当たり2万円以下のチケット代で済ますことができました。

この料金は、LCCのお得さには及びません。ですが、JALのJクラスのシートをこの価格で利用できたので満足しています。

ホテル代

続いてホテル代については、次の通りです。

  • 1泊目: 沖縄都ホテル 0円(都ホテルポイント利用での宿泊)
  • 2泊目: ホテル日航アリビラ 30,800円 (プレミアツイン)
  • 3泊目: ホテル日航アリビラ 26,800円 (プレミアツイン)
  • 4泊目: ホテル日航アリビラ 20,800円 (プレミアツイン)
  • 合計: 78,400円

この旅行の航空券とホテルを手配する時に悩むことになったのが、航空券とホテルをパックで手配するか、個別に取るか、と言う点です。

結論から言うと、今回は、個別に取ることにしました。と言うのも、JALのおともdeマイル割引を使って航空券を手配し、ホテルを個別に予約した方が、パックで手配する料金よりもお得に済んだからです。

今回初日に宿泊する予定の沖縄都ホテルは、無料で宿泊することができました。私が都ホテルポイントの会員で、そのポイント利用で宿泊できたからです。

次に、二日目から3泊したホテル日航アリビラに関しては、予約時点の部屋タイプは、スーペリアツインでした。ところが運が良いことに、そのスーペリアツインが「満室です」と言う理由から、プレミアツインの部屋に無料でアップグレードしてもらえることになりました。最初から、プレミアツインを予約していた場合は、もっと宿泊費が高くなっていたはずです。

また、プランとしては、「【2連泊】人気の三大特典でリゾート満喫(夕食1回&朝食)」を選択しました。これは、滞在中毎日朝食が付き、また1回だけ夕食がついたプランです。

レンタカー代

続いて、レンタカー代は次の通りです。

  • 基本料金: 15,300円
  • チャイルドシート(8%): 1,080円
  • 合計: 16,380円

レンタカー会社は、日産レンタカーで、2日目から4日間借りました。借りた車両のタイプは、「P2(禁煙車)」で、実際にはノートになりました。借りたのはDFSで、返したのは、那覇空港第1店です。

また、この手配にあたっては、JAL国内提携レンタカー経由で行なっています。なので、その割引料金となっている可能性があります。

合計151,640円

以上の3つを合計すると、151,640円となりました。

これに加えて、現地での滞在時に使ったお金があります。大きいものとしては、例えば次のものがありました。

  • 美ら海水族館のチケット代: 3,320円(1,660円x2)
  • イタリア料理店ミンタマの飲食代: 3,542円
  • てだこ亭での飲食台: 6,750円

このような滞在中に使ったお金や、お土産代を含めても、20万円は超えない結果となりました。

この結果から、やはりオフシーズンの沖縄はお得に旅行できる点で、素晴らしいと感じました。と言うのも、ホテル日航アリビラにオンシーズンに泊まった場合、もっとも安い部屋タイプでも1泊9万円はするからです。オフシーズンは、オンシーズンの1泊分の予算以下で3泊できることがわかります。

Return Top