アレアレ

お役立ち情報、お悩み解決情報を発信!

千葉

谷津船橋ICの上りの入り口前が混んでいる時に使える迂回路

谷津船橋ICの上りの入り口前が混んでいる時に使える迂回路

今回は、東関東自動車道の谷津船橋インターチェンジを利用するのが初めての人に伝えたい情報です。

上りの入り口直前の道路が渋滞することがある

谷津船橋インターチェンジの上りの入り口直前の国道357号の道路は、渋滞することがあります。次のリンクから、その渋滞する区間をGoogleマップで確認できます。

Googleマップで谷津船橋IC上りの入り口直前の渋滞する道路を見る

で、この区間がなぜ渋滞するかと言うと、この国道357号のもっと先の方で渋滞が起きるからです。その渋滞が、谷津船橋ICの入り口前を通り過ぎて、その先まで伸びることがあります。

この区間で起きる渋滞は、谷津船橋ICから入る人にとって、本当に都合が悪いものとなります。と言うのも、東関東自動車道にさえ乗れれば、スイスイ行けるのに、その直前で足止めされるからです。

谷津船橋ICの上り入り口前までの迂回路がある

そのような時に知っておくと役立つのが、谷津船橋ICの上り入り口前までの迂回路です。具体的には、次のリンクから、Googleマップでその迂回路を見られます。

Googleマップで谷津船橋ICの上り入り口前までの迂回路を見る

この迂回路を使うと、国道357号をほとんど走らず、谷津船橋ICに直前で入ることができます。なので、国道357号の渋滞を避けることができます。

ちなみに、この記事のトップの写真では、谷津船橋ICの上りの入り口前の様子で、その迂回路から入ってくるところが、ちょうど左手に写っています。このように、迂回路を使うと、国道357号から入るルートに合流する形で、東関東自動車道に乗れます。

ただし。この迂回路を使うと、県道15号から左折する形で、谷津船橋ICに入ることになります。そして、国道357号の上り方向が渋滞している場合、その県道15号も渋滞する場合があります。

ただ、その渋滞する距離は、国道357号が渋滞する距離よりは短く済みます。ので、迂回路を通った方が早く行けることが多いです。

Return Top