アレアレ

お役立ち情報、お悩み解決情報を発信!

東京

男一人で高田馬場のしろくまカフェに行っても浮かないか

男一人で高田馬場のしろくまカフェに行っても浮かないか

今回は、テレビアニメ版のしろくまカフェファンの男性に伝えたい情報です。

私は、最初に妻がしろくまカフェにハマり、一緒に見ているうちに、私もハマってしまいました。で、先日、西武新宿線を利用する機会があり、「そう言えば、高田馬場に本当にしろくまカフェがあるんだったな」と訪れてみることにしました。

男一人で浮かないか

高田馬場のしろくまカフェを訪れるにあたり、私は、心配していたことがありました。それは、「男一人で訪れても大丈夫か?若い女性客に囲まれ浮いてしまい、寂しい思いをするのではないか?」ということでした。

なので、最初は、「記念にお店の入り口だけ見て帰ろう」と考えていました。で、実際にこのお店の前まで来たのですが、私にとっては、ラッキーなことがありました。

それは、たまたま、この店の中から出て来る、サラリーマン風のスーツを来た50代くらいの男性客を見かけたことです。そのおかげで、「あっ、これくらいの世代の男性でも利用できる雰囲気なんだな」とわかったわけですね。

それに勇気付けられて、お店に入ることにしました。

BGMはアニメの歌だが普通のカフェの雰囲気

で、実際店内に入って見たところ。事前に想像していた以上に、普通のカフェの雰囲気でした。

入り口に、キャラと記念撮影ができるスペースが設けられていたり、カウンター席にパンダ君やペンギンさんがいたりするものの、それを除けば、普通のカフェの雰囲気でした。

なので、男一人で訪れても、特に問題ない店だとわかりました。

ただし、お店の店内で流れているBGMは、基本、しろくまカフェのオープニングやエンディングで流れる歌となっていました。これはこれで面白いのですが、カフェらしい落ち着いたBGMではないのは確かです。

特に、「ヤマアラシ☆トゥナイト」が流れた時は、ちょうどその回を見たばかりだったので、思わず笑いそうになりました。

ドリンクの料金は良心的な価格のものもある

また、この店を訪れて意外に感じたのは、ドリンクが良心的な価格帯で提供されていることです。例えば、アイスコーヒーであれば、250円で飲めます。

私は、はじめ「コーヒー1杯1000円から」のような価格設定の飲み物しかないような店かと誤解していました。この手のコンセプトショップでは、そのような価格設定の店の方が普通だと、考えていたらです。

ですが、アイスコーヒー(ホットも)を250円から注文できお店とわかり、これは嬉しい誤算となりました。また、1杯600円くらいで、アニメをイメージしたドリンクメニューもあり、それを楽しむ選択肢もあります。

いずれにせよ、このように良心的な価格帯の飲み物の選択肢がある点がナイスでした。

カウンターで先払い、席でオーダー、どちらもできる

私が、この店を訪れた際ですが、オーダーの仕方に戸惑うことになりました。

というのも、よくあるコーヒーチェーンのように、飲み物を注文してお金を先払いするスタイルなのか、席に着いてスタッフが注文を取りに来てくれるスタイルなのかが、よくわからなかったからです。

で、結局のところ、私の場合は、先払いで、飲み物を買うことになりました。ですが、席についてオーダーするスタイルもできるようでした。というのも、他の客がそのようにしているのを見かけたからです。(追記: お店のホームページを確認すると、基本、先払いが原則でした。私が見かけたのは例外的なお客さんだったのかもしれません。)

ただ、男一人で利用し、飲み物しか注文しない場合であれば、先払いの方が向いていると感じました。店を出るときに会計をせずに済み、気楽だからです。

以上ご紹介して来たように、高田馬場のしろくまカフェを男一人で訪れた結果、男一人で訪れても問題ないことがわかりました。「浮かないかな?」と心配している人は、大丈夫なので、ぜひ訪れてみてください。

Return Top