アレアレ

お役立ち情報、お悩み解決情報を発信!

独自ブログ運営の基礎

ブログ記事のタイトル画像の準備方法

ブログ記事のタイトル画像の準備方法

今回は、これから独自ブログを始めようとする人にお伝えしたい情報です。

今回お伝えしたいのは、「ブログの記事に使うタイトル画像の準備にあたり、私はこうしています」という、ノウハウです。

「タイトル画像」とは、アイキャッチ画像とも呼ばれるもので、主にその記事のコンセプトを伝える目的で利用する画像です。ちなみに、今読んでいるこの記事では、そのタイトル画像として、ニリンソウの写真を使っていますね。

このような画像を「私がどう準備しているか」というのが、今回お伝えしたい内容です。

基本自分で撮影し、無料素材は使わない

私は、このタイトル画像の準備にあたり、「基本自分で撮影し、無料素材は使わない」という方針で行なっています。以前は、無料素材を使うこともありましたが、今現在は、使うことがなくなりました。

なぜ無料素材を使わないかというと、無料素材を使うと、その画像が他のブログと被ることがよくあるからです。

無料素材サイトで、「おっ、これいいな」と自分が感じる写真は、同様に他の誰かもそう感じていることが多いです。そのため、ネット上で、よく見かける画像となりがちなんですね。

そして、そのような無料素材の画像をタイトル画像として使うと。記事でせっかく良いことを書いていたとしても、「なんか、パクリくさいな」という印象を読者に与えてしまいます。

なので、極力無料素材は使わず、自分で撮影したオリジナル写真を利用するようにしています。

そもそもタイトル画像が必要かを考える

で。このようなタイトル画像ですが、その準備をする前に、その記事に「そもそもタイトル画像が必要か」を考えることをお勧めします。

実際のところ、読む価値のある記事には、このようなタイトル画像は必要ないものだからです。

また、検索エンジンの検索結果から来る読者は、記事のタイトルで記事を読みに来ますよね。ので、検索結果からの集客を考えた場合、目を引くタイトル画像を使っているかどうかは、関係ありません。

なので、無理にタイトル画像を準備しなくても、良いわけです。あったほうが、ブログのトップページなどの見栄えが良い感じになるのは確かですが。

一方、タイトル画像の存在が、読者に説得力を与える根拠になることもあります。例えば、「どこかの旅行先で食べたこの料理美味しかったよ」ということを伝えたい記事で、そのタイトル画像にその料理の画像を使えば、その記事の説得力が増しますよね。

タイトル画像は、このように意図を持って利用すべきと私は考えています。

ちょっと良いデジカメで撮影する

すでに述べた通り、私は、ブログの記事のタイトル画像の準備にあたり、その写真を自分で撮影しています。

で、その写真の撮影にあたっては、スマホは利用していません。スマホが普及している昨今、スマホで撮影した写真は、誰でも撮影できてしまうからです。つまり、差がつかないわけですね。

なので、ちょっと良いデジカメを使って撮影しています。具体的には、いわゆる「高級コンデジ(高級コンパクトデジカメ)」のカメラを使っています。次のリンクから、Amazonでそのジャンルのカメラの一覧を見ることができます。

Amazonで高級コンデジの一覧を見る

この記事を書いている今現在では、だいたい、5万円〜8万円くらいの価格帯で買えるカメラとなります。

なぜ高級コンデジを使うかですが、「携帯性がよいわりに、そこそこ良い感じの写真が撮れるから」です。写真の質と撮れる頻度を重視した結果、高級コンデジを使うことにしました。

一眼レフやミラーレスの場合、「さっ、撮りに行くぞ」と覚悟が必要になる重さです。一方、高級コンデジは、なんとか、ポケットに忍ばせられるサイズで、普段出かけるときに、常に携帯できる良さがあります。

また高級コンデジは、コンデジでありながら、絞りやシャッタースピードなどを、自分でコントロールできるカメラです。なので、背景をぼかした表現の写真も、スマホと比べ簡単に撮れます。

Lightroomで管理する

私は、外出する際には、高級コンデジを忍ばせ、ブログのタイトル記事に使えそうな写真をマメに撮影するようにしています。結果、膨大な数の写真を管理する必要が出ています。

そして、そのように撮影した写真を管理するために、Adobe社のLightroomと言うソフトウェアを利用しています。このソフトウェアを使うと、そのように撮影した膨大な数の写真から、目的の写真を探せるようになります。

また、このソフトウェアには、写真の加工機能があります。その加工機能では、コントラストを変えたり、暗くなりすぎた部分を明るくしたり、邪魔な人や物を消したりなど行え、写真をより綺麗に見せることができます。

そのようにして加工した写真をブログの記事のタイトル画像として、利用しています。

Return Top