アレアレ

お役立ち情報、お悩み解決情報を発信!

独自ブログ運営の基礎

WordPressに記事が溜まって来たら考慮すべきこと

WordPressに記事が溜まって来たら考慮すべきこと

今回は、これからWordPressを使った独自ブログを初めて運用する人に伝えたい情報です。

レンタルサーバーを契約し、そこにWordPressの準備ができたら、いよいよ記事を書き、公開していくことになります。そして、そのように記事を公開し、ブログにある程度記事が溜まってきたら、考慮すべきことがあります。

その考慮すべきこととは、「ブログのバックアップ」です。なぜかというと、レンタルサーバーの業者側の不手際で、自分がコツコツ書きためてきた記事やアップロードした写真が、消えてしまうリスクがあるからです。

また、業者側に不手際がなくても、自分のブログの管理者のIDとパスワードが漏洩し、サイトが改ざんされるリスクも考えられます。

いずれにせよ、WordPressに書きためた情報は、何らかの理由で、消えてしまうリスクがあることを考慮し、それに備えておくべきです。

WordPressをバックアップするときのポイント

さて、WordPressに公開した記事や写真をバックアップするときには、事前に知っておくべきポイントがあります。

それは、WordPressをバックアップするには、「ファイル」と「データベース」の2つを、それぞれバックアップする必要があることです。

で、「ファイル」には、WordPressを具体的に動かしているプログラムのファイル、加えて、記事に添付した写真などの画像ファイルが該当します。

これらのファイルをバックアップする一番簡単な方法は、FTPでレンタルサーバーにアクセスし、これらのファイルを自分のパソコンにコピーしてしまうことです。

次に、「データベース」には、WordPressの設定情報、書いた記事、コメントなど保存されています。で、このデータベースのバックアップは、例えば、そのレンタルサーバーが、phpMyAdminというデータベースの管理ツールを提供していれば、それを使って行えます。

ただ、この方法は、ITの知識がないとちょっと難しいものとなります。

バックアップを行えるプラグインがある

ITの知識がない人でも、バックアップを簡単に行う方法として、WordPressのプラグインを利用する方法があります。

その目的のプラグインは、複数あるのですが、この記事を書いている現在では、BackWPupが有名なものとなります。

ちなみに、私は、一時は、このプラグインを使ってバックアップを取っていましたが、現在は、使っていません。ITの知識があればできる、もっと簡単なバックアップ方法があることがわかったからです。

で、このようなプラグインを使ってバックアップを取るにせよ。基本として覚えておいて欲しいのが、バックアップしているのは、「ファイル」と「データベース」の2つということです。

実際、BackWPupでバックアップされた結果にも、「ファイル」と「データベース」が、バックアップされる結果となります。

最低限一度はバックアップから復元できるかを試す

最後に。どのような形でバックアップするにせよ、バックアップを取るだけで安心していては、まずいです。

最低限、一度で良いので、取ったバックアップから、ブログが元どおりに復元できるかを試しておいてください。それを試すことで、自分が正しくバックアップが取れているかが確認できます。

逆にそれを確かめておかないと。いざ「レンタルサーバー上のブログの内容が全部すっ飛んでしまった!」という時に、困る可能性があります。バックアップの取り方が正しくなく、復元できないことが考えられるからです。

バックアップから、ブログが復元できるかを試すにあたり、自分が使っているパソコン上にWordPressを作り、そこで復元する方法がオススメです。

実は、WordPressは、レンタルサーバー上だけでなく、自分が使っているパソコン上で動作させることが可能です。そのパソコン上に作ったWordPressであれば、何をしても、実際のレンタルサーバー上のWordPressには、影響がありません。

なので、バックアップの復元を試す環境として向いています。

Return Top