アレアレ

お役立ち情報、お悩み解決情報を発信!

独自ブログ運営の基礎

独自ブログのためにレンタルサーバーを契約したら最初に試してほしいこと

独自ブログのためにレンタルサーバーを契約したら最初に試してほしいこと

今回は、独自ブログをこれから始める人のうち、レンタルサーバーを利用するのが初めての人に伝えたい情報です。

今回お伝えしたいのは、「レンタルサーバーにブログをインストールする前に、FTPでそのサーバーの中身を確認して見て」ということです。FTPについての詳細は、後述しますが、簡単には、レンタルしたサーバーの側の中身を見るための方法です。

で、昨今のレンタルサーバー業者は、その管理画面から、ブログ構築を簡単に行えるサービスを提供しています。そのような簡単インストールを使ってブログを構築する前に、FTPを試してほしいわけです。

なぜかというと、それを試すことで、「インターネット上に情報を公開する」という基本が理解できるからです。

FTPでサーバー側の中身を見る

レンタルサーバーを契約すると、その契約完了後に送られてくるメールに、通常FTPのログイン情報も記述されています。例えば、XServerやさくらインターネットでは、次の欄にあるものが、FTPのログイン情報です。

XServerの例

■FTP情報
 ——————————————————–
 FTPホスト名(FTPサーバー名)  :
 FTPユーザー名(FTPアカウント名):
 FTPパスワード          :
 ——————————————————–

さくらインターネットの例

《 契約サービスの接続情報 》

FTPサーバ名 :
FTPアカウント :
FTP初期フォルダ :
サーバパスワード:

で、これを利用すると、レンタルサーバーにFTPを使って接続できるようになります。

そして、FTPで接続できると何が嬉しいのかと言うと、レンタルサーバーの中身を、普段使っているパソコンのように確認できることがあります。

レンタルサーバーも、普段自分が使っているパソコンと同じように、フォルダやファイルで情報を管理しています。それが具体的にどうなっているかが、FTPで接続するとわかると言うわけです。

そして、レンタルサーバーのフォルダは、特定のフォルダが、インターネットに公開された状態になっています。そこに、自分が公開したいファイルをおけば、それがインターネットから誰でも見られるようになります。

レンタルサーバーに、ブログの簡易インストールをする前の基本として、この認識を持ってほしいんですね。

オススメのFTPクライアントソフト

さて、レンタルサーバーにFTPで接続する方法は、いくつかあります。その中で、簡単にできてオススメしたいのが、FTPクライアントソフトを利用する方法です。

で、実際のところ、FTPクライアントソフトは、たくさんあるのですが、私がオススメするのは、次のFileZillaです。

FileZilla

なぜ、このソフトをお勧めするかと言うと、このソフトは、オープンソースで開発されており、信頼性が高いからです。変なウイルスやスパムアプリを仕込まれる余地がないわけですね。また、かなりの頻度でバグ修正が行われており、開発コミュニティの活発具合もオススメする理由です。

FileZillaは、次のリンク先のページからダウンロードできます。Windows、Mac、Linux全てに対応しています。

FileZillaのダウンロードページを見る

FileZillaの使い方は簡単

FileZillaの使い方はとても簡単です。FileZillaを起動すると、次の画面が表示されます。この画面はMac版のものですが、Windows版も基本同じです。

この画面が表示されたら、レンタルサーバーを契約した時に送られてきたFTPのログイン情報を入力します。ホスト名、ユーザー名、パスワードの3つを入力するのが基本となります。

その3つを入力し、右端にある「クイック接続」ボタンを押すと、右側の「リモートサイト」に、レンタルサーバーの中身が表示されます。ちなみに、左側の「ローカルサイト」には、自分が使っているパソコンの中身が表示されます。

レンタルサーバー上のインターネットに公開しているフォルダを探す

以上の手順で、FileZillaを使って、レンタルサーバーにFTPでアクセスできたとしましょう。そうしたら次にしてほしいのが、レンタルサーバー上のインターネットに公開しているフォルダを探すことです。

例えば、XServerを利用した場合は、登録した独自ドメイン名のフォルダの中に、public_htmlというフォルダがあります。それがインターネット上に公開されているフォルダの起点になります。

さくらインターネットの場合は、/home/ユーザー名の直下に、wwwというフォルダがあり、それが公開フォルダになります。

このように、契約するレンタルサーバー業者ごとに、インターネットに公開されるフォルダ名は、異なります。が、基本、どの業者でも、「このフォルダから下を、インターネット上に公開しています」というフォルダが存在します。それを探してください。

適当なテキストファイルを配置しインターネットからアクセスする

最後の手順です。レンタルサーバーにFTPでアクセスし、インターネットに公開された起点のフォルダを見つけたら、そのフォルダの中に、適当なテキストファイルを配置します。

例えば、hello.txtというファイル名で、「hello」と内容を書いたテキストファイルを配置して見てください。すると、その瞬間に、インターネット側から、そのテキストファイルを見られるようになります。

このブログ(blog.areare.net)で実際に試した実例が、次のアドレスです。

https://blog.areare.net/hello.txt

そして、この「サーバー側のインターネットに公開しているフォルダにファイルを置く=インターネットに情報を発信する」という感覚をつかんでください。

次に、FileZillaを使って、サーバー側のインターネットに公開しているフォルダに、適当なフォルダを作成し、その中に、hello.txtを配置して見てください。

例えば。インターネット上に公開しているフォルダの直下にmemoというフォルダを作って試した例が、次のアドレスです。

https://blog.areare.net/memo/hello.txt

この例から、レンタルサーバー上のフォルダ構成が、そのままインターネット上のアドレスになっていることがわかりますよね。

そして、インターネットへの情報配信の基本は、まず、このようにサーバー上のファイル共有にあることを理解してください。その延長に、WordPressのようなブログのシステムがあります。

「ブログの前に、サーバー側のフォルダ構成があること」を理解するのが、ポイントとなります。

Return Top