アレアレ

お役立ち情報、お悩み解決情報を発信!

スペイン語

スペイン語の学習に役立つ3つのウェブサイト

スペイン語の学習に役立つ3つのウェブサイト

今回は、これからスペイン語を学習し始める人に向けてお伝えしたい情報です。

私は、1年半の間、チリ出身のネイティブスピーカーからスペイン語を学んだ経験があります。今回は、その際にスペイン語の学習に役立ったウェブサイトを3つご紹介します。

まず、その3サイトについて先にご紹介すると、次の通りです。

スペイン語の学習に役立ったサイト

  1. WordReference.comのスペイン語の動詞活用表
  2. linguasorb.comのスペイン語学習コンテンツ
  3. Lang-8の作文添削

では、以上のサイトが、それぞれ、どのようにスペイン語の学習に役立つのかをご紹介します。

WordReference.comのスペイン語の動詞活用表

まず、ご紹介したいのがWordReference.comのスペイン語の動詞活用表です。

スペイン語の学習にあたり、そのハードルを高くしている要因として、動詞の活用パターンの多さがあります。スペイン語の動詞は、1つの時制だけも、人称と単数・複数毎の6パターンの活用があり、それを覚えるのが本当に大変なんですね。

で、その活用パターンは、いずれは、暗記しなくてはなりません。ですが、最初のうちから、無理に覚えようとすると、スペイン語の学習が嫌いになる原因となります。

ので、最初のうちは、無理に動詞の活用を暗記せず、WordReference.comのスペイン語の動詞活用表を見ながら、学習する方が良いです。また、この表で繰り返し、調べていくうちに、よく使う動詞の活用は覚えられるようになります。

ちなみに、WordReference.comの動詞活用表は、oirのような不規則な活用をする動詞にもちゃんと対応しています。-ar、-er、-irで終わる動詞の標準的な変化を表にしているだけではないので、安心して利用できます。

linguasorb.comのスペイン語学習コンテンツ

続いてご紹介したいのは、linguasorb.comのスペイン語学習コンテンツのスペイン語学習コンテンツです。

このサイトは、スペイン語の学習に役立つコンテンツがたくさんあります。例えば、動詞verbsのコーナーには、「スペイン語でよく使う重要な動詞100」というコンテンツがあります。

100 Most Common Spanish Verbs

また、スペイン語の単語力を養える次のようなコンテンツもあります。こちらは、クイズ形式で学べるようになっています。

Spanish Vocabulary Lists, Games and Quizzes

ほか、次のコンテンツでは、英語とスペイン語で同語源(Cognates)の単語を紹介し、「英単語のスペルをちょっと変えるだけでスペイン語の単語になる」という例を紹介しています。

Spanish Cognates

このように、linguasorb.comは英語のサイトとなりますが、スペイン語の初歩的な知識を学ぶのに役立つコンテンツが満載です。

Lang-8の作文添削

最後にご紹介したいのは、Lang-8の作文添削です。

このサイトは、学びたい言語について作文を書くと、「その言語のネイティブの人が、添削をしてくれる」というサービスを提供しているサイトです。基本機能は、無料で使えますし、匿名でも利用できるため、気軽に利用できます。

英語と比較して、日本でスペイン語をネイティブに学ぶ機会は、なかなか得られませんよね。まして、自分が作った作文を丁寧に添削してもらうためには、マンツーマンのレッスンを受けられるような環境でないと難しいです。

一方、Lang-8を使うと、それが簡単に無料でできるというわけです。

Return Top