アレアレ

お役立ち情報、お悩み解決情報を発信!

独自ブログ運営の基礎

ブログの記事の下書きにSublime Textを使う理由

ブログの記事の下書きにSublime Textを使う理由

今回は、独自ブログ運営にあたり、WordPressの初心者に伝えたい情報です。

私は、ブログの記事の下書きにあたり、WordPressの記事の編集画面を使っていません。そうではなく、Sublime Textという、パソコンで使う、デスクトップアプリのテキストエディタを利用して書いています。

で、パソコン上で下書きを作った上で、「WordPressにログインし、記事として投稿」という手順を行なっています。

なぜかそうするのかというと、記事を書くために、ブラウザを立ち上げ、いちいちWordPressにログインするのが面倒だからです。

またWordPressの編集画面は、インターネットに接続していることが前提となっています。そのため、ネットに繋げない、もしくは、不安定な環境で記事を書けない不便さがあります。

一方、Sublime Textで記事を書く場合は、そのような不便さがないというわけですね。デスクトップ上で動くテキストエディタだからです。

タグが簡単に書ける

さて、そのように記事の下書きに使えるテキストエディタですが、実は色々とあります。極端には、Windowsのメモ帳アプリでも、そのような下書きを書くことが可能です。

そのような中、私は、Sublime Textを利用しているのですが、その理由は3つあります。第1の理由は、Sublime Textを使うと、HTMLのタグが簡単に書けることです。

で、タグが簡単に書ける様子は、次の動画を見ていただくのがわかりやすいです。

動画では、見出しに使うh1やh2のタグ、引用に使うblockquoteのタグなど、簡単にタグを入力できている様子がわかります。例えば、Sublime Textでは、「<h1…」と途中まで入力したタイミングで、「…></h1>」の残りのタグが補完されているのが、動画からわかります。

他のタグでも同様に、そのタグを特定できるところまで入力すると、あとは、Sublime Textが、残りのタグを補完してくれます。

で、実際のところ、私は、普段Markdownの書式で記事を書いています。そうすると、このようなHTMLのタグを書く機会は減ります。

ですが、それでも記事中にHTMLのタグを自分で書きたくなることが、あるんですね。そのような時に、このタグの補完入力機能が便利に使えます。

自動保存が便利

続いて、第2の理由は、Sublime Textの特徴と言える自動保存が便利だからです。

メモ帳やWordのようなアプリでは、原則、「保存」するまでは、書いた内容が確定されませんよね。そして、Sublime Textの決定的な違いと言えるのが、この自動保存の便利さと言えます。

Wordにも定期的に、そこまでの編集内容を自動的保存してくれる機能はあります。ですが、Sublime Textの自動保存は、より便利な自動保存となっています。

どのように便利かというと、いちいち、アプリ上で「保存」をしなくても、書いているそばから、それが裏側で保存されるんですね。で、書いているそばからというのがポイントで、一文字でも文字を書いた瞬間、それが裏側で保存されています。

つまり、記事を書くにあたり、アプリ上で「保存する」ということを全く意識しなくて済みます。結果として、「保存し忘れて、途中まで書いた原稿が無駄になった」のような思いをすることが全く無くなります。

サクサク動き、WindowsでもMacでも使える

最後の理由として、Sublime Textは、スペックが低いパソコンでも、サクサク動き、記事を書いていて気持ち良いです。アプリの動作が軽いんですね。

また、使うパソコンのOSを問わず利用できます。WindowsでもMacでも、Linuxでも使えます。なので、記事を書くのに使うパソコンを選ばないというわけです。それが便利なんですね。

ちなみに、Sublime Textは、有料のソフトウェアで、この記事を書いている現在、$70となっています。で、私はこの$70を払ってライセンスを購入しましたが、実際には、ライセンスを購入しなくても、このテキストエディタは、機能も期間も制限なく使えます。

なので、試しに使ってみると良いですよ。記事の下書きに手放せなくなるはずです。

Return Top