アレアレ

お役立ち情報、お悩み解決情報を発信!

独自ブログ運営の基礎

WordPressを簡易インストールする初心者が知っておくべきインストール先の基本

WordPressを簡易インストールする初心者が知っておくべきインストール先の基本

今回は、これから独自ブログを始める人のうち、Wordpressの初心者にお伝えしたい情報です。

昨今、レンタルサーバー業者を契約すると、その業者がWordpressを簡単にインストールするためのツールも合わせて提供していることが多いです。で、そのツールを使うと、ITに詳しくなくても、簡単にWordpressを使った独自ブログが作れます。

これはこれで素晴らしいことなのですが、問題もあります。それは、あまりにも簡単にインストールできてしまうため、Wordpressの基本的な構造や仕組みをよくわからないまま、Wordpressを利用できてしまうことです。

そして、その基本を理解していないと。例えば、「同じサーバーに、複数のブログをインストールする」のような、ちょっとした応用をしたくても、「何をしたら良いのかわからない」という状況になるんですね。

そこで、今回は、Wordpressの基本中の基本と言える、インストール先の基本からご紹介します。

レンタルサーバーも「ただのパソコンの1つ」ということを理解する

では始めます。まず、独自ブログの構築にあたり、レンタルサーバーを契約することになります。そして、そのレンタルサーバーは、極端な言い方をすると、「ただのパソコンの1つ」ということを理解してください。

ここで「ただのパソコンの1つ」という表現について、もう少し補足すると。まず、ここで言う「パソコン」とは、普段使う、WindowsやMacのようなコンピューターをイメージしています。

で、WindowsやMacでは、ファイルやフォルダで情報を管理しますよね。そして、独自ブログで利用するレンタルサーバーも、そのようなパソコンと同じように、ファイルやフォルダで情報を管理しています。この事実を理解してください。

そして「Wordpressのインストール」とは、実際には、ただのファイルのコピーを行なっています。具体的には、Wordpressは、phpというプログラミング言語で書かれた複数のテキストファイルで構成されています。

これらのテキストファイルを、レンタルサーバー上のフォルダにコピーすると、ブログとして機能するわけです。

ただ、Wordpressを簡易インストールしてしまうと、このイメージを持ちにくいんですね。というのも、サーバー上のファイルやフォルダ構成を意識せずに、Wordpressをインストールできてしまうからです。

WordPressを「どこにインストールしたか?」を把握する

実際、Wordpressを簡易インストールした人は、次の質問に答えられるか、考えてみてください。

「Wordpressをサーバーのどのフォルダにインストールしましたか?」

WordPressを簡易インストールした人は、この質問の回答がわからないですよね。逆にいうと、「Wordpressは、レンタルサーバー上にどこかのフォルダに、インストールして利用するものだ」、ということです。

で、Wordpressを利用するにあたり、「どこにインストールしたのか?」というのは、とても重要なポイントとなります。それが、ブログのアドレスを左右するものとなるからです。

例えばですが、このブログのアドレスは、次の通りですよね。

https://blog.areare.net/

で、上のアドレスにアクセスすれば、このブログのトップページにアクセスすることができます。

一方で、このブログで利用しているサーバーのインターネットに公開している大本のフォルダに、hogehogeという1階層下のフォルダを作り、その下にWordpressをインストールすることも可能です。

そうした場合のブログのアドレスは、次のようになります。

https://blog.areare.net/hogehoge/

実際には、hogehogeフォルダは存在しないため、上のアドレスは、アクセスできません。ですが、イメージとしては、わかりますよね。

つまり。Wordpressのインストール以前に、レンタルサーバー上のフォルダ構成の存在が重要なんですね。そして、Wordpressは、それがインストールされたフォルダを起点に、ブログとして機能するわけです。

このような背景があるため、Wordpressのインストールにあたり、それをサーバー上の「どこにインストールしたか?」をしっかりと把握する必要があります。

標準のインストール先は、レンタル業者ごとに異なる

で。Wordpressでの簡易インストールの先ですが、レンタルサーバー業者ごとに、標準のインストール先が異なります。

例えば、XServerを利用する場合は、サーバー上の大本のフォルダ直下にWordpressがインストールされます。なので、特に何も考えなくても、「http://自分のドメイン/」というアドレスにアクセスすれば、ブログのトップページが表示されます。

一方で、さくらインターネットの簡易インストールでは、「wp」というフォルダを一階層作り、その下にWordpressがインストールされるのが標準です。すると自分のブログのアドレスは、「http://自分のドメイン/wp」と、wpをつけるが必須になってしまうわけです。

もちろん、さくらインターネットの場合でも、wp配下ではなく、大本の直下にインストールすることも可能です。ですが、標準は、1階層フォルダを作ってインストールされるわけです。

このように、業者の提供する簡易インストールツールによって、Wordpressがインストールされる標準のフォルダは異なります。この点に注意してください。

そして、Wordpressによる独自ブログを中心としたサイト運営をするならば、インターネット上に公開するフォルダの直下にインストールするのがオススメです。そうした方が、読者から見て、ブログのアドレスが簡単になるからです。

Return Top