アレアレ

お役立ち情報、お悩み解決情報を発信!

IT

Office 365とGoogle Appsの決定的な違い

Office 365とGoogle Appsの決定的な違い

今回は、Office 365とGoogle Appsのどちらを利用するべきか悩んでいる人に向けて、その違いをご紹介します。

私自身は、今現在Google Appsを利用しています。で、Office 365は、そのサービスが始まったばかりの頃に、ちらっと見て以来興味を失っていました。

というのも、Google Appsのサービス内容に十分満足していたからです。

Office 365はデスクトップ版のアプリを使えるプランがある

一方で、最近Office 365のサービスを見直す機会があったんですね。で、調べてみると、今のOffice 365には、当時提供されていなかったサービスが加わっていました。

そのサービスですが、デスクトップ版のOfficeも利用できるプランが提供されていることです。この記事を書いている現在では、次の2つのプランにおいて、そのようにデスクトップ版のOfficeが使えるようになっています。

  • Office 365 Business (900円/月相当)
  • Office 365 Business Premium (1,360円/月相当)

ちなみに、これらのプランでは、Officeのライセンスが1ユーザーあたり5ライセンス提供されます。つまり1人5台のパソコンにOfficeをインストールして利用できるようになるんですね。

で、このパソコンには、Macも含まれます。Mac版のOfficeも使えるようになるということです。

加えて、上述のプランでは、スマホ用に5ライセンス、タブレット用に5ライセンス付与されます。なので、1ユーザーが使いたくなるOfficeのライセンス数が確保されているんですね。

このようにデスクトップ版を含めた、ブラウザ版以外のOfficeを使えるプランが提供されている点が、Office 365とGoogle Appsの決定的な違いとなります。

つまり、Google Appsでは、ブラウザから利用する前提のOffice系のアプリしか使えないんですね。

Google Appsからの乗り換えを検討してしまった理由

この「Office 365ではデスクトップ版のライセンスを複数使える」という事実を知り、私はGoogle Appsからの乗り換えも「アリだな」と考えることになりました。

というのも、結局ところ、Google Appsを利用している現在でも、デスクトップ版のOfficeを利用しているからです。それも、Windows用とMac用それぞれ別途利用しています。

なぜ、そうしているかというと。人が作ったOffice関連のファイルを読むときの再現性の高いからです。Office関連のアプリで作ったファイルは、そのファイルを作った人と同じように見えないと、困ることが結構あるんですね。

また、そのようなファイルをGoogle Appsの見ると、「なんだこりゃ」となることは、しばしばあります。なので、Google Appsを使っていても、人が作ったファイルをMicrosoftのOfficeで開く必要が出てくるんですね。

で、私は普段Macを使っています。なので、Office関連の資料をもらったら、まずMac版のOfficeのアプリで開いてみます。で、それがちゃんと開けない場合は、仮想OSでWindowsを起動して、Windows版のOfficeで開く、ということをしているんですね。

そのため、結局、Mac版とWindows版、それぞれのライセンスが必要になっているわけです。

なので、それがコミコミになっている、「Office365に乗り換えもありだな」と考えてしまったわけです。

月額制のモデルの方が満足度が高い

また、Office 365のような月額で費用を払ってソフトウェアを利用した方が、「結局は満足度が高い」と実感している点も、乗り換えを検討する理由となっています。

というもの、私は、今Adobe社のソフトウェアを、Creative Cloudという月額制の利用料を払う形で利用しているんですね。

で。実際にこのような形で利用する前は、「月々の固定の出費がでるのが嫌だな」と、感じていました。ですが、実際に使ってみると、むしろこれまで高額のパッケージ版を購入していたことが、アホらしくなるほど満足しています。

常に最新のソフトウェアを利用できるメリットがあるからです。

Office 365のアプリがどれくらいの頻度で更新されるかは、読みきれません。ですが、Adobeの前例から、パッケージで買うよりも月額で利用する方が満足度が高くなるだろうことは予想がつくんですね。

というわけで、Office 365を見直してしまいました。

Return Top