アレアレ

お役立ち情報、お悩み解決情報を発信!

独自ブログ運営の基礎

独自ブログを初作成の人が知っておくべきインターネットの基本

独自ブログを初作成の人が知っておくべきインターネットの基本

今回は、これから独自ブログを作りたい人にお伝えしたい情報です。そのような人の中でも、ITに関する知識が全くない人にお伝えしたい内容です。

独自ブログですが、それを作成・運営するにあたり、実際のところ高度なITの知識を必要としません。ですが、ITの知識はないよりもあったほうが、その運営に役立ちます。

今回は、そのように独自ブログの運営に役立つ、インターネットの基本をご紹介します。

インターネットの基本を学ぶべき理由

普段、スマホやパソコンで、インターネットを見ている時ですが、実際にその裏側でどのような仕掛けが動いているかを意識していませんよね。

例えば、ネットでYahooの天気予報を見ている時には、その情報が自分のスマホやパソコンに「どうやって届けられているのか?」など、全く考えていないはずです。その日の天気さえわかれば、十分だからです。

一方で、独自ブログを運営する場合は、そのようなインターネットの基本から知っておくべきです。なぜかというと、自分が情報を配信する側の立場となるからです。

そして、「どのような仕掛けで、自分の運営する独自ブログの記事が、読者に届けられるのか」を、理解しておくと、ブログ運営に役立つんですね。

基本はコンピューター同士のデータ通信

というわけで、自分の運営するブログの記事が、どのように読者のスマホやパソコンまで届けられるのか、を解説します。

まず、読者の目線で考えますと、自分のスマホやパソコンで、ネット上の情報を表示している時には、その裏側で、その情報を送信する「サーバー」と呼ばれるコンピューターがあります。

そして、読者のスマホやパソコンには、インターネットを通じて、そのサーバーから情報が送信されています。

[読者のスマホ/パソコン] ← インターネット ← [サーバー]

実際には、読者のスマホやパソコンから、サーバーに対しても、「この記事を見せて」のような情報を送信しています。

[読者のスマホ/パソコン] → インターネット → [サーバー]

つまるところ。読者のスマホやパソコンに、ネット上の情報が表示される際には、読者側のコンピューターとサーバー側のコンピューターが、インターネットを通じて、コンピューター同士のデータ通信を行なっています。

普段スマホやパソコンから利用しているインターネットの裏側には、このようにコンピューター同士の通信があることを理解してください。

基本はサーバー側のファイルのインターネットへの共有

さて、上で述べた通り、普段見ているネットの情報を配信しているサーバーの実態は、ただのコンピューターです。つまり、このサーバーにも、普段使っているパソコンのように、ファイルやフォルダがあり、それで情報が管理されています。

そして、そのサーバーが管理しているファイルを、インターネット上から、誰でも見られるようにすることが、インターネットでの情報配信の基本です。

それをイメージし易くするための例を挙げますと。例えばですが、次のような情報が書かれた、curry.txtという、テキストファイルを、自分のパソコン上に作ったとします。

美味しいカレーの作り方

1.美味しい材料を準備する
2.美味しく調理する
3.美味しく食べる

これは例ですので、適当な内容となっていますが、実際の内容としては、ものすごく美味しいカレーの作り方のレシピだったとしましょう。

そして、この美味しいカレーの作り方が素晴らしいので、自分としては、「インターネットで、みんなにこのレシピを共有したい」と考えているとします。

そのためにどうしたら良いかというと。サーバー上のインターネットに公開されたフォルダ内に、このテキストファイルを配置すれば、おしまいです。

実際に、このブログ(blog.areare.net)のサーバーで、それをやってみると、次の通りです。

https://blog.areare.net/memo/curry.txt
※iPhoneのSafariで見ると文字化けします

上のリンク先を見ると、curry.txtの内容が、表示されますよね。この例では、このブログで利用しているサーバーの「インターネットに公開するよ」というフォルダの中に、memoというフォルダを作り、その中にcurry.txtを配置しています。

で、この例から分かる通り、「読者のスマホやパソコンから、ネット上の情報を見る」という行為は、誰かが運営しているサーバーのファイルやフォルダの中身を見させてもらっているのが、実態なんですね。

逆に運営側の立場から見ると、自分が運営するサーバー内にある、特定のフォルダを、インターネットから誰でも見られるようにしていることになります。

このように、インターネットでの情報共有の基本は、普段パソコンで利用している、ファイルやフォルダを共有する行為の延長にあることを理解してください。そして、その共有対象が、インターネット上の全ての人、と言うわけです。

そして、独自ブログを運営するために利用するWordpressなどのCMSは、このようなインターネット上へのファイル共有をさらに発展させたものとなります。

HTMLとは

では最後に、ネット上の情報発信には欠かせない、HTMLについて解説して、終わりにします。

先ほど作った、curry.txtですが、リンク先にアクセスしてみると本当にシンプルに表示されますよね。これはこれで良いのですが、もうちょっと、「見栄えをよく見せたい」と考えたとします。

その時に役立つのHTMLです。具体的には、先ほどの美味しいカレーの作り方のテキストファイルを、HTMLで表現すると次のようになります。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
    <title>美味しいカレーの作り方</title>
    <meta charset="UTF-8">
</head>
<body>
<h1>美味しいカレーの作り方</h1>
<h2>1.美味しい材料を準備する</h2>
<h2>2.美味しく調理する</h2>
<h2>3.美味しく食べる</h2>
</body>
</html>

このような感じで、特定の意味が込められたタグ(<>)で、テキストを装飾して表すのがHTMLです。

では、この内容をcurry.htmlというファイル名で保存し、先ほどと同じmemoフォルダの下に配置してみます。それが、次のリンクです。

https://blog.areare.net/memo/curry.html

上のリンク先を見ると、タイトルや見出しが、太字でわかり易く表示されますよね。HTMLを使うと、このように文章を構造化しつつ、見栄えを整えることができます。

正確に言うと、スマホやパソコンでネットを見るために使うブラウザアプリが、HTMLを解釈して、見栄え良く表示してくれています。

いずれにせよ、ネット上の情報配信では、このようにHTMLで構造や見栄えを整えて情報配信するのが、標準となっています。そのため、ブログに記事を書く時にも、HTMLの知識があると役立ちます。

Return Top