アレアレ

お役立ち情報、お悩み解決情報を発信!

東京ディズニーランド

これから2歳児との初ディズニーランドをする人に伝えたいこと

これから2歳児との初ディズニーランドをする人に伝えたいこと

今回は、「子供が小さいうちは」とディズニーを訪れるのを我慢している人にお伝えしたい情報です。

私は、妻がディズニーが好きなタイプで、結婚前や結婚後も子供が生まれる前は、何度かディズニーを訪れていました。ですが、子供が生まれてからは、ちょっと足が遠ざかっていました。

というのも、赤ちゃんとディズニーに行く場合、「楽しさよりも大変さの方が大きそうだ」と感じていたからです。例えば、ランチ難民になったり、オムツを替えられるトイレ難民になったりすることが、容易に想像できたんですね。

なので、「もうちょっと大きくなるまでは」とディズニーを訪れないようにしていたのですが、この記事を書いているつい先日(2017年1月中旬)、久々にディズニーを訪れて見ました。もちろん、2歳児を連れてです。

そこで今回は、これから小さい子連れでの初ディズニーを検討している人へのご参考に、私が2歳児と初めてディズニーランドを訪れてわかったことをご紹介します。

2歳児でも思った以上に乗れるアトラクションが多い

今回、2歳児を連れてディズニーランドを訪れた経験ですが、結論から述べると、「来て良かったな、また来たいな」と思える楽しい体験となりました。

で、なぜそう思えたかと言いますと。まず、2歳児でも思った以上に乗れるアトラクションが多かったことが挙げられます。

私たち夫婦が、子供ができてからディズニーランドを訪れるのを遠ざかっていた別の理由として、「行っても乗れるアトラクションが限られるだろう」と言う思い込みがありました。ですが、実際に訪れてみるとそれは誤解であることがわかりました。

実際、東京ディズニーランドの公式サイトで、「身長制限なし」のアトラクションを探すとわかるのですが、この記事を書いている現在では、38アトラクション中、32アトラクションが身長制限なしで利用できるものとなっています。

東京ディズニーランドの公式サイトで身長制限のないアトラクションの一覧を見る

というわけで、実際に訪れて見ると、2歳児連れでも「あっ、これも乗れるんだ〜」と、発見となりました。

ご参考までに、私が2歳児連れで利用したアトラクションをご紹介すると次の通りです。

  • ウエスタンリバー鉄道
  • カリブの海賊
  • アロハ・エ・コモ・マイ
  • キャッスルカルーセル
  • 白雪姫と七人のこびと
  • モンスターズ・インク“ライド&ゴーシーク!”
  • ミッキーのフィルハーマジック

ただ、カリブの海賊と白雪姫と七人のこびとの2つは、真っ暗になるので、うちの子供は、ちょっと怖がっていました。ですが、基本的には、楽しんでいました。

ベビーカーは持ってきて正解だったが、いちいち置き場に置くのは面倒だった

今回の2歳児との初ディズニーランドにあたり、ベビーカーをどうしようか悩むことになりました。というのも、すでに普段の生活では、ベビーカーを利用することが少なかったからです。

迷った挙句、結局持って行くことにしました。で、持ってきて正解でした。というのも、何だかんだでディズニーランド内をかなり歩くことになったからです。

これをベビーカーなしで訪れていたら、途中、子供が疲れて、おんぶや抱っこ、肩車などを要求され、大人がへばってしまうところでした。ちなみに、私は、自分のベビーカーを持ち込みましたが、ディズニー側で有料でレンタルできることも、今回訪れて知りました。

また、持ち込んだ私のベビーカーですが、背もたれの角度を倒して、寝る姿勢にできるんですね。そのおかげで、途中子供が眠ってしまったときにも、大人が行動できてよかったです。

というわけで、基本ベビーカーはあってよかったのですが、アトラクションを利用するときは、ちょっと邪魔にも感じました。なぜかというと、ベビーカーは、そのアトラクション近くの置き場に置いてから利用する必要があるからです。

ベビーカー置き場は、各アトラクションの入り口から、そんなに距離はないのですが、そこまでいちいち置きに行き、また、取りに戻るのが面倒に感じました。

意外にショーをノリノリで楽しむ

今回、2歳児とディズニーランドを訪れて見て発見だったのが、ショーをノリノリで楽しんでいることでした。

実際に私たちが見たのは、「ワンマンズ・ドリームⅡ – ザ・マジック・リブズ・オン」という、ショーベースでやるショーなのですが、子供が、このショーを手拍子をして喜んで見ていました。

このショーを見せる前は、「おそらく、楽しさが理解できないんじゃないかな」と、勝手に思っていたのですが、実際には、とてもノリノリな様子で楽しんでいました。

この様子から、2歳児とのディズニーランドは、無理にアトラクションを利用しなくても、ショーを中心にした楽しみ方もあると感じました。

また、今回、「2歳児には無理かな」と考えていたアトラクションとして、ミッキーのフィルハーマジックがありました。これは、3Dメガネを使ってショートムービーを楽しむアトラクションです。

で、実際にこのアトラクションを訪れた際、子供の頭が小さいので、3Dメガネがきっちりとかけられない状況となったんですね。ですが、意外にそのようなメガネのかけ方でも、ちゃんと3Dに見えていたようでした。結果、このアトラクションも、2歳児でも楽しめていました。

総じて、2歳児とディズニーランドを訪れて見て、本当に楽しい体験となりました。実際に訪れる前は、「トゥーンタウンを中心に、ゆっくり過ごす感じになるかな」と考えていたのですが、意外に普通に楽しむことができました。

Return Top