アレアレ

お役立ち情報、お悩み解決情報を発信!

Azure

月間100万PVのブログをAzureで運用するのに必要なコスト | AzureからXServerに乗り換えた理由

月間100万PVのブログをAzureで運用するのに必要なコスト | AzureからXServerに乗り換えた理由

今回は、Microsoftが提供するクラウドサービス、Microsoft Azureで、そこそこPVのあるブログを運営しようかと検討中の方にお伝えしたいお役立ち情報です。

私は、AzureのApp Serviceを利用し、複数のWordpressのブログを運営した経験があります。それらのうち、アクセスの多いものとして、月間のPVがほぼ100万PVのブログがありました。

上のGoogle Analyticsの画像の通り、正確には、月間99万6千PVなのですが、ほぼ100万PVと言っても差し支えないですよね。ちなみに、この画像の期間は、2016年の8月28日〜9月27日となっています。

で、これからAzureでブログ運営を検討している人へのご参考に、「この100万PVの期間で必要になったコストをご紹介したい」というのがこの記事の趣旨です。

Azureで月間100万PVのブログ運営に必要なコスト

では、さっそく本題に入りまして、その必要になったコストをご紹介しますと。まず、次の画像をご覧ください。

この画像は、2016年の8月28日〜9月27日の期間でAzureを利用した際の請求書です。画像をご覧いただくとわかる通り、総額13,798円となっています。

で、この総額の明細をもう少し詳しく見てみますと、次のことがわかります。

  • ネットワーク送信: 543.9669GBで、7,657円
  • Azure App Service: 743.0000時間で、6,139円

この2つが、請求額のほとんどを占めていることがわかるはずです。

この2つのうち、Azure App Serviceは、Webサーバーを立ち上げていると必ず発生する費用です。また、そのサーバーの能力として、Standard Sを選択し、約1ヶ月間立ち上げ続けた結果がこの額となります。

一方、ネットワーク送信に関しては、Azure側のサーバから、外に出て行くデータ通信に発生する費用です。約544GBのデータ送信でこの額となっています。

加えてClearDBの月額利用料

というわけで、月間100万PVのブログ運営にあたり、Azureの利用費用としては、総額13,798円かかりました。

で、これだけで済むと良いのですが、残念ながら、まだ追加でかかっている費用としてデータベースの利用料があります。

Azure App Serviceで立てられるのはあくまでWebサーバーでしかないため、Wordpressで利用するMySQLのデータベースを別途用意する必要があるわけですね。

そして、AzureでWordpressのブログを立ち上げる際に、標準として利用されるSaas型のデータベース・サービスとして、ClearDBがあります。

私の100万PVのWordpressも、このClearDBを利用して運営していました。

で、ClearDBが提供するデータベースサービスには、いくつかプランがあるのですが、私は、75ドル/月のBasic 60のプランを使わざるを得なくなりました。

PVが少ない当初は、月額のもっと安いプランで運用できていたのですが、増え始めてからは安いプランでは「同時接続エラー」が発生して使い物にならなくなったからです。

そのため、同時接続数が300は補償されるBasic 60のプランを選ばざるを得なくなりました。

詰まるところ、「月に総額13,798円 + 75ドル」が、Azureで100万PVのWordpressのブログを運営するのに必要になった額です。

XServerに引っ越してしまった

で、実を言いますと、この記事を書いている現在は、100万PVのブログに関して、AzureでのWordpressの運用はやめ、XServerに引っ越しました。

というのも、たかだか月間100万PV程度のブログ運営に、月2万円以上の費用をかけられないからです。

XServerでは、月1000円ちょっとのプランでも、月100万PV程度のアクセス数であれば、運用できてしまうんですね。加えて、Azureのようにデータ転送量に応じて利用料が上乗せされることもありません。

つまり、「XServerの年間の運用費用 < Azureの月間の運用費用」となります。

なので、よっぽど特別な用件がない限り、AzureでWordpressの運用は避けるべきと感じています。特に、PVが増えれば増えるほどデータ転送料も増えてしまう点が、Azureのなんとも難しいところですね。

Return Top