アレアレ

お役立ち情報、お悩み解決情報を発信!

箱根

芦ノ湖の元箱根港に初めて車で行く人に伝えたい駐車場のノウハウ

芦ノ湖の元箱根港に初めて車で行く人に伝えたい駐車場のノウハウ

今回は、箱根旅行中に芦ノ湖の元箱根港に、初めて車で行く人に伝えたいお役立ち情報です。

私は、2016年11月上旬に、大平台温泉の宿に宿泊しました。その時には、せっかくなので、芦ノ湖観光にも行くことにしたんですね。

芦ノ湖には複数の港があるのですが、私は元箱根港から遊覧船に乗ることにしました。なぜかというと、大平台から最寄りとなる芦ノ湖の港が、元箱根港だったからです。

遊覧船乗り場前の駐車場の利用の仕方に戸惑う

その元箱根港までは、車でアクセスしたのですが、その際に戸惑ったのが駐車場でした。なぜ戸惑ったかというと、遊覧船乗り場の前の駐車場があったのですが、そこに自由に、かつ長時間車を駐めて良いのかわからなかったからです。

加えて、その遊覧船乗り場の奥の方には、有料の駐車場もあるんですね。なので、遊覧船乗り場前の駐車場に自由に駐めて良いのか、有料の駐車場を利用しなくてはならないのか、判断がつかず戸惑ったわけです。

ご参考までに、元箱根港の遊覧船乗り場前の駐車場と有料の駐車場の様子は、次のGoogleストリートビューから見ることができます。

Googleストリートビューで元箱根港の駐車場の様子を見る

手前の4台車が駐まっているところが遊覧船乗り場前の駐車場です。そして、「有料P6」と言う看板の先にあるのが、有料の駐車場です。こんな感じで隣接して駐車場が並んでいるので、戸惑うことになりました。

空いていれば自由に駐めてOK

で、私は、戸惑った結果、とりあえず、奥の有料駐車場に駐めることにしました。そこに駐めて怒られるはずがないと考えたからです。

そして、有料駐車場に駐めたのち、遊覧船乗り場のスタッフに、「遊覧船乗り場前の駐車場に駐めても良いのですか?」と聞いて見ることにしました。

その結果ですが、「空いていれば自由に駐めて大丈夫ですよ」というものでした。その事実を知り、私は有料駐車場からすぐに車を動かすことにしました。

その際ですが、有料駐車場に駐めていた時間が本当に短時間であったためか、駐車料金が取られることはありませんでした。

遅くなると無料で駐められるところは満車になる

私が、芦ノ湖の元箱根港に到着したのは、午前8時50分頃でした。で、この時間に訪れた時は、遊覧船乗り場前の駐車場はガラガラの状況でした。

それも当然で、この時の遊覧船の周遊コースの始発の時刻が、午前10時15分だったからです。つまり、1時間以上も前に到着してしまっていたんですね。

なぜ私がこんなに早く元箱根港に来たかと言うと、始発の時間を勘違いしていたからです。元箱根港からは、多客の場合のみ運行される臨時便があり、それは午前9時35分から出発するんですね。

ところが、私が訪れた時は、その臨時便の運行はありませんでした。結果として、午前10時15分の便に乗ることになりました。ちなみに、冬季はまたスケジュールが変わりますので、詳しくは、箱根芦ノ湖遊覧船の公式ページをご確認ください。

で、私は、午前10時15分から、周遊の遊覧船に乗ったわけですが、その遊覧船に乗り終えて元箱根港の遊覧船乗り場前に戻ってみたところ驚くことになりました。

と言うのも、遊覧船乗り場前の駐車場が満車となっていたからです。そのため、無料で駐めたい人は、駐車場の空き待ちをしている状況となっていました。そして、待つのが嫌な人は、有料の駐車場を使うことになっていました。

私は早く着きすぎたため始発便の運行まではかなり待つことになりました。ですが、「無料の駐車場に楽に駐められた」と言う点では、早く来た甲斐がありました。

Return Top